2022y06m12d_102542116

 伊藤健太郎の映画復帰作は、阪本監督が本人と対話した際に感じた匂いや気配、独特の佇まいなどが、脚本に色濃く反映されている。
2人の間ではどんなことが話され、映画にはどのように結実したのか?(構成=秋山直斗)

2022y06m12d_102542116

◆ ◆ ◆

伊藤 あの事故は、僕が主演した『十二単衣を着た悪魔』が公開される直前のタイミングでした。配給会社のキノフィルムズさんにはご迷惑をおかけしたにも関わらず、『冬薔薇(ふゆそうび)』では製作総指揮も務めるキノフィルムズの社長とお会いする機会があったんです。

「今後も芝居の仕事をしたい」と思いを伝えると、「わかった、映画作ろう」と、どういう作品にしようかといったことも完全に真っ新なまま今作の企画は立ち上がったんです。映画出演は、もっと先だろうということを覚悟してたので、こんなにも早くお声をかけてもらえたのが本当に嬉しかったですね。

2022y06m12d_102558684


阪本 それで社長から僕に監督をやらないかと声がかかって。伊藤くんのことは知っていたけど、作品は『十二単衣~』しか見ていない。40歳も齢が離れていて、あまりにも自分にとって無縁だった人を主演に迎えるわけで、とにかく生身の本人を知らないと映画のイメージすら湧かないので、とにかく2人きりで対話する時間を設けてもらったんです。

伊藤 それで腰を据えてお話しして……。

阪本 鼻くそほじりながら話を聞いたり、ぞんざいな態度をとったら辞めてやろうとは思ってましたよ(笑)。ってのは冗談だけど、会うにあたって僕も伊藤くんについてネットで調べるわけです。するとネットニュースに「現場での態度が悪い」などと書かれてるわけです。真に受けてるわけではないけど、一緒に作っていく相手として、そういうことは本当なのかどうかを確かめたかった。

 自分はいつも主演を務める人から、家族構成や友達関係、どこで遊ぶのか……まあ、身元調査みたいなことを聞いて脚本のアイデアを膨らませていくんですよ。いつもは酒を飲んで腹を割って話すんだけど、今回はコロナで叶わなかったのは残念です。

伊藤 お茶でしたけど、監督が自身の恥ずかしい過去を語ってくれたおかげで、僕も心置きなく喋ることができました。そして出来上がった脚本には、僕が演じる淳という人間に自分と通底する部分を感じました。

 特に小林薫さんが演じる父との、互いに臆病な親子関係というのは他人事とは思えなかったです。が、同時に僕をモデルにした人物というわけではなく、淳という人間の物語として非常に考えさせられました。

2022y06m12d_102708928


2022y06m12d_102712030

阪本 「失敗の中でもがく人間のストーリー」という点で観客からは、もしかすると伊藤健太郎の実人生を重ねた見方をされるかもしれないけれど、僕としては脚本の1行目を書いたときから淳の物語だったし、伊藤健太郎カメラの前にたったときからは伊藤健太郎という存在は消えてフィルムに写っているのはあくまで淳であるという意識で撮りました。

伊藤 今回の映画の結末は、観る人によってものすごく解釈が分かれそうですよね。ハッピーエンドにもバッドエンドにも取れるし、あるいはどちらでもないと言う人もいるかもしれない。

2022y06m12d_102714394

阪本 映画のハッピーエンドって、幼少期から欺瞞的だなと思ってるんですよ。希望に満ちた終わり方に感動したりはするんだけど、改めて考えてみると、1カ月後にはまた同じような不具合な日常生活を送っているんだろうなって(笑)

 人間の根っこって、そうそう簡単に変わらない。映画って基本的には人生の途中から始まって、途中で終わるわけですよ。『冬薔薇(ふゆそうび)』の場合も淳という人が、より深い闇に堕ちていくのかどうかは、観客の人に考えてもらいたいんです。

2022y06m12d_102717214

◆ ◆ ◆

 2人の対談の全文、そして伊藤健太郎の特別グラビアカラー3P)は、現在発売中の『週刊文春CINEMA! 2022夏号』(文藝春秋)に掲載されています。

2022y06m12d_102611656

INFORMATION

『冬薔薇(ふゆそうび)』
6月3日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー



STAFF & CAST
脚本・監督:阪本順治/出演:伊藤健太郎、小林薫、余貴美子、眞木蔵人、永山絢斗、毎熊克哉、坂東龍汰、河合優実、佐久本宝、和田光沙、笠松伴助、伊武雅刀、石橋蓮/2022年/日本/109分/配給:キノフィルム
©2022「冬薔薇(ふゆそうび)」FILM PARTNERS 

(阪本 順治,伊藤 健太郎/週刊文春出版部 週刊文春CINEMA! 2022夏号)

©杉山拓也/文藝春秋


(出典 news.nicovideo.jp)

冬薔薇ふゆそうび)』は、阪本順治監督により2022年6月3日に公開の日本映画。主演は伊藤健太郎。 監督の他に脚本も担当した阪本は主演の伊藤を当て書きして脚本を執筆をしたと語り、さらに脚本の執筆前には伊藤にこれまでのことを色々と執拗に聞き取りをした時に、伊藤が一切自分を誤魔化さずに洗いざらい話し
5キロバイト (582 語) - 2022年6月2日 (木) 19:24

【伊藤健太郎】
伊藤健太郎(けんたろう、1997年6月30日 - )は、日本の俳優。 旧芸名は、健太郎(けんたろう)。東京都出身。aoao所属。 14歳でボン イマージュに所属。雑誌、広告を中心にモデルとして活動し、2014年、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で本格的に役者デビュー。演技が注目され、話題を集める。2018年6月30日21歳の誕生日を迎えたことを機に芸名を本名の伊藤 健太郎名義に改名することを発表。
★テラスハウス(2016年2月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット