2022y05m11d_150945064

 未発表の新作に関するさまざまなヒントファンに与えることでも知られるテイラー・スウィフトが、2022年5月13日に再録アルバム2作のリリース発表を行うのではないかと、目ざとい“スウィフティーズ”(テイラーファンの総称)の間で話題になっている。
2022y05m11d_150010803

 テイラーはこれまでも楽曲、インタビューSNSの投稿などに積極的にヒントを残してきた。
ファンとちょっとしたコミュニケーションを図る目的で、最初はアルバムの歌詞カードに隠しメッセージを残していただけだったが、今や本格的な活動へと発展している。
単純なことでも二重の意味を持つ可能性があるため、ファンは彼女の一挙一動を注意深く観察してきた。一例として、2019年の7thアルバム『ラヴァー』を完成させた日に、発表前にもかかわらず7本のヤシの木の画像をSNSに投稿したことを本人が認めている。

 彼女からの最近のヒントは、もっぱら再録アルバムにまつわるものだ。
これまで彼女は、『フィアレス』と『レッド』の新バージョンと、それぞれの時代に書かれた未発表曲をいくつか発表してきた。
2021年11月リリースされた『レッドテイラーズ・ヴァージョン)』以降、彼女は次にどの過去作の再録バージョンを用意しているのかについて発言していない。
スウィフティーズの間では『スピーク・ナウ』と『1989』のどちらが次に来るかで数か月間意見の対立が続いているが、ここへ来て多くの証拠が“両方同時に”、しかも“想像より早く”と示唆しているようだ。

 まず、何故リリース発表日に5月13日が浮上したのかについてだが、これはテイラー2021年4月に米人気番組『ザ・レイトショーウィズスティーブン・コルベア』に出演した時まで話は遡る。
表面上は、アルバム『フィアレステイラーズ・ヴァージョン』に収録されている「ヘイ・スティーブン」を宣伝しているように見えたが、ファンはすぐに、これはインタビューというよりはヒントだらけのコントであることに気がついた。
その中で彼女は、“513 West 54th St.”という架空の住所と、5月13日のコルベアの誕生日について触れている。



 さらに、『レッドテイラーズ・ヴァージョン)』の収録曲である「アイ・ベット・ユー・シンク・アバウト・ミー」ミュージックビデオにも、この日を示唆するヒントケーキに隠されているようだ。
このケーキには鳥のモチーフも使われており、これが『1989』が次の再録アルバムなのではないかという説の根拠の一つにもなっている。





I am absolutely convinced the next re-recording is coming Friday, May 13th. The 13 and the 26 on the cake in the I Bet You Think About Me music video? May 13th is 26 weeks from Red (TV)’s release date. May… 13. It’s right there guys. IT’S RIGHT THERE. pic.twitter.com/NNbekZFmjE — Sav (Taylor’s Version) (@SavLovesSwift) March 14, 2022 | The white birds on the bottom of the cake could be a reference to the 1989 album cover #IBetYouThinkAboutMe pic.twitter.com/OQNNqHWaHO — Taylor Swift News (@TSwiftNZ) November 15, 2021

 『1989』の“テイラーズ・ヴァージョン”が次にリリースされるのでは、という仮説についてはさらに、彼女が『ザ・レイトショー』に出演した際、ニューヨークに関する言及が多かったということも関係している。
2014年リリースされた『1989』の1曲目は「ウェルカム・トゥ・ニューヨーク」だ。また、番組で彼女が掲げていたコラージュ作品には1989年に撮影されたコルベアの写真が使われるなど、『1989』を示唆するヒントがいくつか隠されていた。






there are so many signs!!
1) A 1989 photograph of Stephen Colbert on the top left
2) Seagull which is on the shirt on 1989 album cover
3) 8 hearts, 9 stars which leads to ‘89 #1989TaylorsVersion pic.twitter.com/LNvSRJjGBJ — andre saw momspoilers (@misfitaffairs) April 13, 2021

 彼女の公式ストアで販売されている『フィアレステイラーズ・ヴァージョン)』のCDの値段が“$19.89”という、通常ではあまり見られない金額になっていたことも根拠の一つになっているほか、彼女は最新シングル「ディス・ラヴ(テイラーズ・ヴァージョン)」(『1989』収録曲)をリリースした際、“【1989・ツアー】を思い出している”と綴っている。



Signed ‘Fearless (Taylor’s Version)’ CD’s are currently available on Taylor Swift’s website, suspiciously priced at $19,89.

Purchase: https://t.co/JZLzs092j4 pic.twitter.com/DmPGDtzOs4 — Pop Base (@PopBase) September 20, 2021 この投稿をInstagramで見る Taylor Swift(@taylorswift)がシェアした投稿

 一方、『スピーク・ナウ』が次に来るのではという説についてだが、こちらもアルバムの価格を利用して何かを知らせているようだ。公式ストアでは『レッドテイラーズ・ヴァージョン)』が“$20.10”と、こちらも不自然な金額が紫色で表示されていた。『スピーク・ナウ』のオリジナル版は2010年リリースされ、ジャケットで彼女は紫のドレスを着ている。また、【レコード・ストア・デイ】でグローバル・アンバサダーを務めた際のエンブレムにも紫色などが計画的に使われていたのではないかと見る向きもある。




just randomly remembered that the signed Red (Taylor's Version) CDs where $20.10 and PURPLE so now you must remember it too pic.twitter.com/Wsew82pTwW — jenna (@cleanoncornelia) December 30, 2021 13 purple stars
3 purple lines on each side of (Taylor’s Version)

Speak Now?!?!?!?#speaknowtaylorsversion #TaylorsVersion #RSD22 #taylorswift @taylornation13 @taylorswift13 @recordstoreday pic.twitter.com/vv9Ik9BJWW — Kristin ~I stand with Taylor(@swiftie06_13) January 20, 2022

 それらに加え、『レッドテイラーズ・ヴァージョン)』の収録曲「アイ・ベット・ユー・シンク・アバウト・ミー」のMVのストーリーが、“別の女性と結婚する男性を愛している女性目線の歌”である『スピーク・ナウ』のタイトルソングに酷似していると指摘されている。このMVを監督したテイラーの友人でもあるブレイクライヴリーが、自身のインスタグラムに写真を投稿し、「Not a lot going on at the moment.(現在特に忙しくはない)」と添えたが、これはテイラー2021年サプライズプロジェクトフォークロア』をレコーディングしていた時に投稿した一文と全く同じものだ。投稿された写真でブレイクは左から3番目の小便器の前でポーズをとっているが、『スピーク・ナウ』はテイラー3rdアルバムだ。




この投稿をInstagramで見る Blake Lively(@blakelively)がシェアした投稿 この投稿をInstagramで見る Taylor Swift(@taylorswift)がシェアした投稿

 

『スピーク・ナウ』と『1989』が同時発売されるのではという説については、前者が彼女の最後のカントリーアルバムで後者が最初の本格的なポップアルバムだったことに関係しており、昨年9月にテイラーは、以前カントリーからポップ界に転身して成功したシャナイア・トウェインを絶賛するTikTok動画を公開したことがあった。シャナイアの2002年アルバム『Up!』は、カントリーポップインド映画音楽風の3タイプで発売されたことでも話題になった。

 また、テイラーの公式ストアでは、現在『1989』と『スピーク・ナウ』の商品が発売されていることからも、両作が同時発売される可能性は濃厚だ。


We could go on and on, on and on about how excited we are for #ThisLoveTaylorsVersion and @thesummeritp...

But instead, we’ll just drop The Old Taylor Collection. Available now while supplies last at https://t.co/ZSGtuHSAkb! pic.twitter.com/t6lovpIKqT — Taylor Nation (@taylornation13) May 5, 2022
テイラー・スウィフト、『スピーク・ナウ』と『1989』の“テイラーズver.”を同時リリースか? ファン推理を紐解く


(出典 news.nicovideo.jp)

【テイラー・スウィフト 】
テイラー・スウィフト(Taylor Swift、1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国のポップ歌手、シンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。身長178 cm、足のサイズは26.5cm。 立て続けにヒット曲を生み出しており、ファン層も広く、しばしば「America's sweetheart」と呼ばれる。
2018年に公開した「End Game」は1日で8,000,000再生にものぼった。
★テラスハウス(テレビ番組)のオープニングテーマ曲に現在までに3曲が使用されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット