2022y05m05d_111015160

「取材をしていただきながらこんなことを言うと、元も子もないかもしれませんが…」と斎藤工切り出した。
続けて「制作陣や演者の意図を言葉で補う作品ではないのかな、と思っています」と。
Netflixで配信がスタートしたドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」で、斎藤はある日突然妊娠した桧山健太郎を演じている。
2022y05m05d_111015160

ダイバーシティ(多様性)やジェンダーバイアス・無意識の偏見、さらには職場の無理解…作中には近年社会問題となっているさまざまなテーマが潜んでいるが、その描き方はあくまで軽やか。それでいて、どんな人でもどこかが“刺さる”リアリティーを持って、“シスジェンダー男性の妊娠”というフィクションが描かれている。
見ていただいた方のリアクションがこの作品の全て」と語る斎藤に、それでもこの作品が持つ意義や価値、そして誰もが直面しうる“分かってもらえない”状況の対処法を聞いてみた。

【動画】斎藤工&上野樹里が安産祈願…「ヒヤマケンタロウの妊娠」本編映像

ポップな作品は、見ている人が「あれ?」と気になる瞬間を多く生み出せる

2022y05m05d_110926017

――ジェンダーバイアスや家族の在り方など、作中にはさまざまな社会問題が含まれています。社会性のあるテーマエンタメ作品として描くことには、どのような意義があると思いますか?

斎藤:ドキュメンタリーのように社会性を強調して描くやり方も在り得たと思いますが、僕は“正座して見るもの”は意外と残っていかない気がしていまして…。学校で見せられたビデオなんかも、点では残っていても線では残っていないという感じがあるんですよね。なので「ヒヤマケンタロウの妊娠」も現代的なテーマを採っていながら、社会性の強度は軽減されています。そのリアリティーと軽やかさのバランスは、監督お二方とも話し合って調整しました。

気軽でポップエンタメ作品の中には、見ている方がご自身の環境にそのままトレースできるようなものがどこかにある。(作品の)点と(自身の)点が合っちゃう、という瞬間を作り出せるのは、こういった軽やかな作品ならではなのかなと思いました。

――作品を拝見して、確かにどんな立場の人も「あるある」と思える瞬間が散りばめられているように感じました。

斎藤:「ここをこう見てほしい」という演出もなくはないですが、しっとりした作風だと皆さんの見方までコントロールしてしまいます。ですが気軽な作風だと、見た方それぞれの気になる瞬間にも個人差があって、その「あれ?」と引っ掛かる瞬間を多く生み出せる。見飽きませんしね。「もう少しこのシーンが長かったら…」というところを手前で次のシーンに転換していくところも、この作品の秀逸なところだと思います。連続ドラマは、全話見ていただいて初めて僕らの思いが成就するもの。最後まで渇望するものがあり、次の話へと連鎖していく構成も、制作陣が作為的に作ってくださいました。

■俳優は“もしも”を生きる生業「難解な役を演じた感覚は全くない」

2022y05m05d_110934553

――つわりなど、妊娠中の表現にすごくリアリティーがありました。役作りはどのように行ったのでしょうか?

斎藤:“男性だから”という概念でキャラクターを作ったというよりは、僕自身が目の当たりにしてきた妊娠・出産というものをトレースして表現していきました。監督の実体験だったり、僕の場合は身近にいる親戚だったり。皆さんもそうですが、僕自身も母から生まれ出た体験をしていますからね。“もしも自分だったら”ということが僕ら俳優の生業でもあるので、性別の壁はあまり意識しませんでした。そしてその“もしも”のモデルが自分の家族だった。自分の目に映って、心で感じてきた出産に向かう人の変化や葛藤には、さまざまなモデルがいてくれたので、難解な役を演じたという感覚は全くありません。

――“スマートに生きる”ことを信条としていた桧山は、妊娠を機に心も価値観も変化していきます。斎藤さんはその変化をどう受け止めて撮影に臨みましたか?

斎藤:僕は普段映画やドラマを見るときに、自分が男性だからといって必ずしも男性のキャラクターに感情移入するというわけではなくて。最近だと「コーダ あいのうた」(2021年)とか「スウィート17モンスター」(2016年)とか、僕はもういい歳ですが、ティーンエイジャーの女性主人公に感情移入していたりするんですね。なのでエンターテインメント作品の中では、自分に近いキャラクターを探すというよりは、ある側面を“もらう”という感覚が大きい。昔、姉と一緒におままごとをしていたときからそんな感じでした(笑)。そういう意味で、この作品には、職場や学校、家庭…普段見ない確度から自分の環境を見てみたり、そこで1日“お母さん”や“お父さん”を体験してみたり。そういう役割、責務があるのかなと思って撮影に臨みました。

■“白か黒か”で我慢するのではなく“グレーを選ぶ”ことも必要になる

2022y05m05d_110947385

――作中で特に印象的なシーンセリフはありますか?

斎藤:僕は宇野(祥平)さんのキャラクターが、この作品のシンボリックな人物だと思います。少しネタバレにはなってしまうんですけど、ただただ男性の妊娠を面白おかしくポップに描いたのではなくて、宇野さんと山田真歩さん演じるご夫妻が“痛み”を伴うリアリティーを体現してくださいました。現場でもそうでしたし、完成した作品を見ても、心がぐちゃぐちゃにされたというか…。お2人が表現してくださったことが、この作品の神髄の部分なんだなと感じましたね。

それから、終盤に桧山がパートナーである亜季(上野樹里)の決断に対して「それじゃダメだ」というところ。「誰かが苦渋を飲んで我慢するのではなくて、自分も君も生まれた新しい命も、全員が自分らしく生きる未来を見つけたい」と言うんですね。それには多少の無理も生じるけれど、桧山は手を差し伸べてくれる“何か”に期待している。それは桧山が出会ってきた人々が、桧山に手を差し伸べてくれたからです。この作品に限らず、希望となるのはやはり人なのかなというふうにも感じますし、“白か黒か”で誰かが我慢するのではなくて、“グレーを選ぶ”ことが必要な未来があるんじゃないかなと、今あるいろいろな出来事が物語っている気がしました。

――撮影を通じて、Netflix作品ならではの魅力は感じましたか?

斎藤:日本で作られているNetflix作品は、必ずしも本国のスタイルの純度ではないと僕は思っていて、足して二で割ったぐらいなのかな、と。日本で撮影するものに関しては、大幅に何かが変わっているというわけではありません。ただあるとしたら、監督や共演者、スタッフの方々が、僕のお腹が大きくなることに対して“命がここにいる”と、“モノ”ではない扱いをしてくれたんですね。撮影期間は本番中以外でも、必要以上に僕を気遣ってくれるホスピタリティーを感じました。それはフェイクでもありますが、現場に関わる方たちがどれだけ無意識にリアリティーを持てるかって、僕はすごく大事なことだと思います。この業界はどうしても、根本的・道徳的なモラルみたいなものが欠落していってしまう。その膿と区切りをつけるためにも、“相手を思う”というシンプルな気持ちというか…こういった今までとは違う感性、現場の在り方は確実に必要だったと思います。

■「みんなそうなんだ」自分をあえて定点カメラで見て“無責任”になる

2022y05m05d_110958961

――物語の中では、桧山を理解してくれる人だけではなく、桧山や男性の妊娠を受け入れられない人も登場します。斎藤さんご自身は、「分かってもらえないな」という人に出会ったときはどのように対応していますか?

斎藤:悲しいかな、そもそも“理解をしてもらえない”という前提で生きてきちゃいました。オーディションにも落ち続けてきましたし、「こうであってほしいが、こうじゃない」ということを繰り返してきましたし、「期待しちゃいけないんだなぁ」という…。ただその分、時おり“前説のいらない関係”の人と出会ったことも際立つんですよね。それでも、“理解してもらえない”という前提を設定せざるを得ない時代を生きてしまっている…という現状があります(苦笑)。

――“理解してもらえない”と悩んだときの、斎藤さん流の処世術のようなものはありますか?

斎藤:人の人生が一本の映画だとしたら、ほかの方にとっての僕はエキストラやいち出演者に過ぎないんですよね。他人からしたら自分は絶対に“主”ではないんだ、と自分の主眼を取り除くとすごく楽になります。無責任…と言うと良くないかもしれないですが、それをむしろポジティブに捉えたいなと思っていまして。人間はみんな、自分自身が最高潮に興味深いものですよね。それを取り除くのは一見寂しいような気もしますけど、自分の主眼を定点カメラのように置くと、むしろ気軽で楽しいと思います。みんなが“構ってちゃんだけど、構われない”んだなと理解すると、自分の虚無感みたいなものに囚われ過ぎなくていいなと。ゲーム感覚というか、「みんなそうなんだ」と思うようにしています。


斎藤工/撮影=山田大輔


(出典 news.nicovideo.jp)

ヒヤマケンタロウの妊娠』(ヒヤマケンタロウのにんしん)は坂井恵理による日本漫画作品。『BE・LOVE』(講談社)にて2012年17号より同年23号まで連載された。続編として『ヒヤマケンタロウの妊娠 育児編』が同誌2019年9月号より2020年10月号まで連載された。 本作は「女のみならず男も妊娠
7キロバイト (668 語) - 2022年5月4日 (水) 05:13



斎藤 (さいとう たくみ、1981年8月22日 - )は、日本の俳優、映画評論家、YouTuber。本名の齊藤 (読み同じ)名義で映画監督としても活動。ブルーベアハウス所属。東京都港区出身。日本学園高等学校卒業。 東京都港区生まれ。 家族は東京都渋谷区に在住し、かつて東北新社に勤務していた父親の
90キロバイト (11,635 語) - 2022年4月19日 (火) 17:20


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット