2022y01m06d_100328846


SHOWROOM社長の前田裕二氏が5日に自身のツイッターを更新し、同日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で盛り上がる一幕があった。


■「スッキリ大事件」が発生

2022y01m06d_100436343

4日放送では、“天の声”の南海キャンディーズ山里亮太が、同日に出演してない前田氏の名前を呼んでしまい、加藤浩次から「お前ここまで何も見てねえな!」「これ大事件だな」とツッコまれる一幕が。

俺は別にスタジオに声かけてないから。テレビ見てる前田さんに今(声をかけてる)」と言い訳する山里だったが、加藤に「テレビ見てる前田さんがどうやって答えるんだよ!」と追い込まれていた。


関連記事:加藤浩次、真夏に防寒着について熱弁し… 山里亮太は「どうかしてらっしゃる」

■前田氏がツイッターで反応

2022y01m06d_100144645

その日の放送後、前田氏は自身のツイッターで「せっかく質問して貰ったのにオンエア中呟けずごめんなさい 天の声さんの愛感じるので出演関係なくいつでも対応できるよにします笑」とフォロー。

5日放送では、この前田氏のツイッター投稿を取りあげ、山里が「どうです?」と同日も出演していない前田氏に声をかけ、加藤も「(ツイッターで)今つぶやいてくれてるかな?」と前田氏のツイートを期待する。





■「テレビの常識ぶち壊して行きましょう」
極楽とんぼ・加藤浩次

すると、前田氏が直後に「天の声さんへ! こういう提案→むしろ最高ですテレビの常識ぶち壊して行きましょう」と反応し、スタジオは爆笑。
加藤は「本人が打ってんのかな? あ、前田さん。ギャラは発生しませんので」と笑いを誘う。

これに前田氏がまたも「もちろん本人が打ってます ギャラ→加藤さんの愛のムチで十分です!」と反応し、加藤が「すいません、前田さん。ありがとうございます、おやすみの日に参加していただいて」と喜んでいた。




■ネットで反響相次ぐ

山里の“失態”をきっかけに起こった一連の出来事。
テレビとツイッターの双方向のやりとりに、ネット上では

「この展開、さすが前田さんですね 朝からほっこりです」
「前田さん最高です」
「スッキリの適度な緩さほんまに好き笑」
「このノリが好き!」


と反響が。

森圭介アナは自身のツイッターで「テレビの常識、壊してるなー!」とつぶやき、山里も「ありがとうございました!(感涙)」「あたしったら助けられっぱなし!」と感謝していた。





・合わせて読みたい→加藤浩次、『めちゃイケ』で電話番号バラされ… 衝撃の展開にスタジオ絶句

(文/Sirabee 編集部・二宮 新一

『スッキリ』4日放送の“大事件”が思わぬ展開に… 「テレビの常識壊してる」


(出典 news.nicovideo.jp)

テレビの常識ぶち壊し! 前田裕二さん、リモートを超えた『架空出演』大反響 「神対応に好感アップ」
…に“架空出演”し、大いに番組を盛り上げた。  前日4日の放送で天の声(山里亮太)が、スタジオ不在の前田さんの名を呼んで質問する珍事が発生。出演者からツ…
(出典:中日スポーツ)


前田 裕二(まえだ ゆうじ、1987年6月23日 - )は日本の実業家。SHOWROOM株式会社・代表取締役社長。著書『メモの魔力』が69万部のロングベストセラー。『ハーバードビジネスレビュー 未来を作るU-40経営者20人』に選出され、現在『スッキリ』コメンテーターをしながらSHOWROOM株式
34キロバイト (3,917 語) - 2021年12月1日 (水) 09:07

【山里亮太】
山里 亮太(やまさと りょうた、1977年4月14日 - )は、日本のお笑いタレント、ナレーター、ラジオパーソナリティ。お笑いコンビ南海キャンディーズのツッコミ担当。愛称および別名義は「山ちゃん(やまちゃん)」、過去の別名義は「山里(やまさと)」(「来歴」節も参照)。千葉県千葉市花見川区出身。相方は、“しずちゃん”こと山崎静代。関西大学文学部教育学科卒業。専攻は心理学、学位(文学士)(関西大学)。身長178cm、体重80kg。血液型AB型。妻は女優の蒼井優。
★テラスハウス(2013年4月12日~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター
★ねほりんぱほりん(2016年10月5日 ~NHK Eテレ) ねほりんの声




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット