2021y11m22d_131159182

芸人や俳優、映画監督など多彩な才能の持ち主であるビートたけしの若き日を、劇団ひとり脚本・監督で描きだすNetflix映画『浅草キッド』12月9日(木)より全世界独占配信スタート
このたび本作から、大泉洋演じる深見と初コントを控える柳楽優弥演じるタケシとのやり取りを映しだした本編映像が解禁された。
2021y11m22d_131430213

【写真を見る】大泉洋、柳楽優弥、劇団ひとり監督が揃って登壇!。


2021y11m22d_131406046


2021y11m22d_131313878

舞台は昭和40年代の浅草。大学を辞めてフランス座のエレベーターボーイをしていたタケシは、数々の人気芸人を育ててきた深海千三郎に弟子入りを懇願。そして彼からコントの技術から芸人の矜持に至るまで“芸ごと”の真髄を叩き込まれていく。タケシが飛躍的に成長していく一方、フランス座の経営は悪化。フランス座の先輩だったキヨシに誘われ「ツービート」を結成したタケシは、猛反対を押し切って深見の元を飛びだし、徐々に人気を獲得していくのだが…。

このたび解禁された映像は、タケシがついに迎える初舞台を前に“幻の浅草芸人”と呼ばれた師匠・深見が真剣な眼差しで“芸ごと”の真髄を伝える重要なシーン
ホステス役を与えられたタケシが厚化粧をしているところを見かけた深見。 そして「芸人なら芸で笑いを取れ。芸人なら女になりきれ」と、芸人としての心得をタケシに叩き込んでいく深見は「俺のとこでやりてぇならな、笑われるんじゃねえぞ。笑わせるんだよ」と真剣な眼差しで強い信念を教える。
2021y11m22d_131357654

2021y11m22d_131352598

日本中が活気と人情に溢れていた昭和を舞台に、師匠から弟子へと受け継がれていくお笑いへの強い想いと覚悟。日本を代表する天才が誕生するまでの秘話を、是非ともその目に焼き付けてほしい。
2021y11m22d_131423080




文/久保田 和馬


ビートたけしの若き日を描く『浅草キッド』本編映像が到着/2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信


(出典 news.nicovideo.jp)

浅草キッド』(あさくさキッド)は、ビートたけしの小説。ビートたけしの師匠である深見千三郎と過ごした青春時代を描いた自伝で、1988年1月に太田出版から単行本が刊行され、1992年11月30日に新潮文庫から文庫本が刊行された。 1988年にテレビ朝日の『木曜ドラマ』で天宮良主演により『ビートたけしの
17キロバイト (974 語) - 2021年11月11日 (木) 02:58




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット