2021y11m17d_103003979

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」フジテレビ系)の6話「繋がる思い、離れる心」が、16日深夜に放送された。
2021y11m17d_102657982

 本作は、1991年フジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービスFOD」などで配信したものを地上波で初放送している。(以下、ネタバレあり)

2021y11m17d_102624221

2021y11m17d_102628214

2021y11m17d_102633445

2021y11m17d_102639894

 カンチ(伊藤)はリカ(石橋静河)に、もうすぐ誕生日だと伝えるが、「どうしてみんな誕生日を特別にしたがるんだろう?」と言われてモヤモヤしていた。

 そんな中、盲腸で入院しているさとみ(石井杏奈)の見舞いに行ったカンチは、さとみと三上(清原翔)が一緒に暮らすことを決めたと聞く。

2021y11m17d_102604414


 ところが、三上と一緒に暮らし始めたさとみは、三上の洗濯物からホテルレシートを見つけ、浮気に気付いて家を出る。

 一方、誕生日を一緒に過ごすため、リカが待つ自宅へ向かうカンチだったが、リカから「仕事で遅くなる」とうその電話が入り、落胆。


 そのとき、傷心のさとみから電話が入り、カンチは心配のあまりさとみのもとへ向かうが…。
2021y11m17d_103003979

 放送終了後、SNS上には、

「リカがこんなうそをつかなければ」
「あー来てしまった、さとみからの電話」
「このまま帰って!カンチ!」
「『愛されたい』のクロスカウンターでみんなボコボコ」


など、すれ違う4人についての反響が寄せられた。

2021y11m17d_102724910

 また、脚本担当の北川亜矢子氏は公式Twitterで、

「最初はドラマ的なせりふを一切排除して書いてたんだけど、『せりふが自然過ぎて全部流れてしまう』と指摘を受け、『ほんまそうやな』と今の感じになった」
「やはりドラマにはドラマ的なせりふやシーンが必要だと思う」


ツイートしたことにも反響が集まった。


「東京ラブストーリー」第6話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン


(出典 news.nicovideo.jp)

東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本の漫画。1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載、ビッグスピリッツコミックスより刊行された。 全4巻。サラリーマンの永尾完治(カンチ)と同僚の赤名リカの関係を中心に、東京に生きる若者たちの姿を描く。キャッチコピー
86キロバイト (13,250 語) - 2021年11月6日 (土) 14:21


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット