2021y10m20d_104314344

 伊藤健太郎が主演するドラマ「東京ラブストーリー」フジテレビ系)の3話が、26日深夜に放送された。

 本作は、1991年フジテレビ系で放送された織田裕二、鈴木保奈美主演の同名ドラマを、昨年、29年ぶりに制作。動画配信サービスFOD」などで配信したものを地上波で初放送している。(以下、ネタバレ注意
2021y10m20d_104314344

 一夜を共にしたカンチ(伊藤健太郎)とリカ(石橋静河)だったが、朝起きるとリカの姿はなかった。どんな顔をしてリカに会えばいいのか分からないまま出社したカンチは、無神経な一言でリカを怒らせてしまう。

 そんな折、リカが現場の足場から落ちて緊急搬送されたという連絡が入り、カンチは慌てて病院に駆けつける。すると、リカから「それはもはや恋だね」と言われ、動揺する。
2021y10m27d_101410936

 一方、付き合い始めた三上(清原翔)とさとみ(石井杏奈)は、幸せな日々を送っていたが、ある日、さとみは三上のかばんから見覚えのあるアクセサリーの入った箱を見付ける。自分へのプレゼントだと思い楽しみにしていたが、数日後、アクセサリーは無くなっていた。

 放送終了後、SNS上には、

「切ない気持ちがたまらない。 俳優さんたち、すごすぎるわ」
「石橋静河、最高過ぎるかも知れん…」
「誰のものにもならない女、赤名リカ。 追いかけたくなるよなあ」

などの感想が寄せられた。

2021y10m27d_101356038

2021y10m27d_101403170

 また、放送終盤のカンチとリカのラブシーン中に鳴ったさとみからの電話について、

「さとみさん、カンチとリカの邪魔しないで」
「カンチを頼らないで、お願い」
「こういうタイミングで電話くれちゃうんだよね」


と話題となった。

 さらに、脚本を担当した北川亜矢子氏の公式Twitterでは、

さとみが自分へのプレゼントだと思ってたヘアアクセが長崎さん(高田里穂)に渡るくだり、 われながら性格悪くて好き」

というツイートにも反響が集まった。




東京ラブストーリー第3話のワンシーン (C)柴門ふみ/小学館 フジテレビジョン


(出典 news.nicovideo.jp)

東京ラブストーリー』(とうきょうラブストーリー)は、柴門ふみによる日本の漫画。1988年から小学館『ビッグコミックスピリッツ』で連載、ビッグスピリッツコミックスより刊行された。 全4巻。サラリーマンの永尾完治(カンチ)と同僚の赤名リカの関係を中心に、東京に生きる若者たちの姿を描く。キャッチコピー
86キロバイト (13,245 語) - 2021年10月13日 (水) 13:46

【伊藤健太郎】
伊藤健太郎(けんたろう、1997年6月30日 - )は、日本の俳優。 旧芸名は、健太郎(けんたろう)。東京都出身。aoao所属。 14歳でボン イマージュに所属。雑誌、広告を中心にモデルとして活動し、2014年、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で本格的に役者デビュー。演技が注目され、話題を集める。2018年6月30日21歳の誕生日を迎えたことを機に芸名を本名の伊藤 健太郎名義に改名することを発表。
★テラスハウス(2016年2月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット