2021y10m11d_152659484

 テイラー・スウィフト『フィアレステイラーズ・バージョン)』が約6か月ぶりに返り咲き、2週目の首位を獲得した、今週の米ビルボードアルバム・チャート。

 先週の157位から1位にジャンプアップした『フィアレステイラーズ・バージョン)』は、10月1日に公式ウェブサイトでリリースされたアナログ盤(LP)とサイン付CDの売り上げが加算され、週間セールスが15,807%増加の146,000に急上昇ストリーミングを含むユニット数も、前週から1,931%増加の152,000に跳ね上がった。
2021y10m11d_152522414

 週間セールス146,000のうち、CDの売り上げが77,000枚で、アナログ盤の売り上げが67,000枚、カセットテープは1,000枚、デジタルダウンロードも1,000程度だった。なお、パッケージに比べると数は少ないが、ダウンロード数も先週から268%増加している。
2021y10m11d_152408231

 1991年に集計が始まったMRCデータによるアナログ盤の週間セールスとしては、今年の6月12日付チャートで自身の『エヴァーモア』が記録した102,000枚、9月4日付チャートでオリヴィア・ロドリゴの『サワー』が記録した76,000枚、8月14日付チャートでビリーアイリッシュの『ハピアー・ザン・エヴァー』が記録した73,000枚に続く、4番目に高い売上枚数となる。なお、『フィアレステイラーズ・バージョン)』のアナログ盤は、ゴールドターゲット限定版のレッドの2種類がある。

 今週セールスが急増したことで、『フィアレステイラーズ・バージョン)』の総売上枚数は40万枚を突破した。そのうちCDの売り上げが264,000枚を占め、そのうちの29%は今週記録したCDによる売り上げ77,000枚となっている。

 2021年現時点でのアルバム・セールスとしては、自身のエヴァーモア』が記録した434,000枚が最多で、『フィアレステイラーズ・バージョン)』はそれに続く2番目に高い売上枚数を更新した。

なお、『エヴァーモア』の発売日は2020年12月11日なので、2021年リリースされた作品としては現時点で最も売れたアルバムということになる。今年リリースされた作品では、378,000枚を売り上げたオリヴィア・ロドリゴの『サワー』が、その2作に次ぐ高セールスを記録した。
2021y10m11d_152529502

 昨年の7月24日リリースした『フォークロア』も、2021年度の集計分だけで228,000枚を売り上げ、今年のベストセラー・アルバム7位にランクインしている。よって、テイラーは1位、2位、7位の3作をTOP10に送り込むという快挙を達成した。

 4月24日付チャートでNo.1デビューしてから、約6か月ぶりに返り咲いた『フィアレステイラーズ・バージョン)』。前回からの期間としては、昨年の11月7日付チャートでルーク・コムズの『ホワット・ユー・シー・イズ・ホワット・ユー・ゲット』が約1年ぶりに首位復帰を果たして以来のブランク記録で、2021年では最長記録となる。なお前作『エヴァーモア』も、アナログ盤のリリース効果により6月12日付チャートで5か月4週間ぶりの1位を獲得した。

 前週からの上昇記録としては、1997年4月12日付チャートで故ノトーリアス・B.I.G.の『ライフ・アフター・デス』が176位からジャンプアップした175が歴代最高で、『フィアレステイラーズ・バージョン)』は今週それに続く2番目の記録を打ち出した。

 テイラーは、これでBillboard 200での首位獲得総週を53週に更新し、ビートルズ132週)、エルヴィス・プレスリー(67週)に続く3番目のアーティストとなった。彼女は、これまで9枚のアルバムが1位を獲得している。

 先週2位にダウンしたドレイクの『サーティファイド・ラヴァー・ボーイ』は、登場5週目で110,000ユニットと好記録を維持し、今週も2位をキープした。

 3位に初登場したのは、ミーク・ミルの新作『Expensive Pain』。本作は、1位を記録した前作『Championships』(2018年11月)から約3年ぶり、5枚目のスタジオアルバムで、ミックステープを含めると通算7作目のTOP10入りを果たした。
なお、スタジオアルバム5枚は全てTOP3にランクインしている。

2位『Dreams and Nightmares』(2012年
1位『Dreams Worth More Than Money』(2015年
3位『Wins & Losses』(2017年
1位『Championships』(2018年
3位『Expensive Pain』(2021年

 『Expensive Pain』の初動ユニットは95,000で、そのうちアルバムストリーミングが82,000、トラックごとのユニットが3,000、アルバム・セールスは10,000だった。週間ストリーミングは1億1,053万回を記録している。

 先週1位に初登場したヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲインの『Sincerely, Kentrell』は、週間ユニットが48%減少の71,000に落ち込み4位にダウンした。



以下、リル・ナズ・Xの『モンテロ』(45、000ユニット / 22%減少)が先週の3位から5位に、オリヴィア・ロドリゴの『サワー』(43,000ユニット / 5%減少)が5位から6位に、ドージャ・キャットの『プラネット・ハー』(43,000ユニット / 2%減少)が6位から7位に、それぞれ順位を落としている。

 続いて8位には、トニーベネットレディー・ガガコラボレーションアルバム『ラヴ・フォー・セール』がデビューした。初動ユニットは41,000で、そのうちアルバム・セールスが38,000、アルバムストリーミングはわずか3,000程度だった(週間ストリーミング385万回)。

 本作は、同チャート1位に輝いた前作『チーク・トゥ・チーク』(2014年)から7年ぶり、両者による2度目のコラボレーションアルバムで、レディー・ガガは10作目、トニーベネットは6作目のTOP10入りを果たした。レディー・ガガアルバムが初めてTOP10にランクインしたのは、デビュー作『ザ・フェイム 』が10位に上昇した2009年3月7日付チャートで、その後6枚のアルバムを1位に送り込んでいる。

 一方、 トニーベネットアルバムが初めてTOP10にランクインしたのは、『I Left My Heart in San Francisco』が7位に上昇した1962年10月6日付チャートで、はじめてランクインしてからのスパンを約59年に更新した。歴代最長は故ナット・キングコールの63年8か月(1957年4月から2021年1月)だが、生存しているアーティストでは今週59年に塗り替えたトニーベネットが最長となる。


Text: 本家 一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートは10月15日以降掲載予定となります。

◎【Billboard 200】トップ10

1位『フィアレステイラーズ・バージョン)』テイラー・スウィフト
2位『サーティファイド・ラヴァー・ボーイドレイク
3位『Expensive Pain』ミーク・ミル
4位『Sincerely, Kentrell』ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン
5位『モンテロ』リル・ナズ・X
6位『サワー』オリヴィア・ロドリゴ
7位『プラネット・ハー』ドージャ・キャット
8位『ラヴ・フォー・セール』トニーベネットレディー・ガガ
9位『デンジャラス:ザ・ダブルアルバムモーガン・ウォレン
10位『Donda』カニエ・ウェスト

【米ビルボード・アルバム・チャート】テイラー・スウィフト『フィアレス(テイラーズ・バージョン)』が6か月ぶりに首位返り咲き


(出典 news.nicovideo.jp)

テイラー・アリソン・スウィフト(英語: Taylor Alison Swift、1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター、女優。グラミー賞を11回受賞(41回ノミネート)している。 カルヴィン・ハリスと共にリアーナの楽曲「This Is What You Came
125キロバイト (14,764 語) - 2021年9月28日 (火) 08:35

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット