2021y10m10d_105315679

芸人としてだけでなく俳優、絵画などその才能は多岐に渡り、映画監督としては“世界のキタノ”と呼ばれ、唯一無二の才能を持つビートたけし
そんな彼の原点であり、師匠である深見千三郎と過ごした日々を綴ったNetflix映画『浅草キッド』(12月9日配信)の場面写真が解禁された。
2021y10m10d_104551490

【写真を見る】2人の出会いなど物語の気になるシーンカットを一挙公開

本作はたけしを敬愛する劇団ひとりが監督と脚本を務め、大泉洋柳楽優弥を主演に迎えた笑いと涙に溢れた青春映画。
昭和の浅草を舞台に、数々の人気芸人を育てた深見(大泉)に弟子入りしたタケシ(柳楽)が、成功を夢見て修行に励む姿を描いていく。
2021y10m10d_104600505

このたび解禁された場面写真では、浅草フランス座の裏口で深見とタケシがまるで互いの夢を語り合っているかのようなエモーショナルなカットや、浅草フランス座の踊り子、千春(門脇麦)とタケシが並ぶカットなど、それぞれの関係性が見て取れるもの。
2021y10m10d_104613775

2021y10m10d_104624026

2021y10m10d_104635504



2021y10m10d_104647130

2021y10m10d_104658362

2021y10m10d_104708822

タケシ
と深見の師弟愛が感じられ、タケシを取り巻く人々がどのように関わっていくのか、期待が高まるものばかりだ。

師匠と弟子の絆、そして“ビートたけし”という天才誕生の秘話を描いた本作。
日本中が活気と人情に溢れていた昭和という時代背景もあいまって、笑いとともに熱い感動を与えてくれるだろう。
2021y10m10d_104726628





文/入江奈々


テレビに出演することがほぼ無く「幻の浅草芸人」と呼ばれた師、深見との絆を描く/2021年12月9日(木)よりNetflixにて全世界独占配信


(出典 news.nicovideo.jp)

浅草キッド』(あさくさキッド)は、ビートたけしの小説。ビートたけしの師匠である深見千三郎と過ごした青春時代を描いた自伝で、1988年1月に太田出版から単行本が刊行され、1992年11月30日に新潮文庫から文庫本が刊行された。 1988年にテレビ朝日の『木曜ドラマ』で天宮良主演により『ビートたけしの
17キロバイト (947 語) - 2021年9月16日 (木) 03:42

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット