2021y10m08d_125620509

 Netflixオリジナル作品の韓国ドラマ『イカゲーム』が世界で爆発的な人気を呼んでいる。
9月17日に配信が始まってから異例のペースで各国での「今日の人気TOP10」1位に浮上。
10月2日にはNetflixサービスを提供する83カ国すべてで人気1位を記録した。
韓国ドラマとしても、非英語圏の作品としても、初めての世界席巻となった。
2021y10m08d_125710541

 この1週間ほど前には、Netflixテッドサランドス共同最高経営者が「今の勢いからいくと(『イカゲーム』は)非英語圏作品の中でいちばんの大作になるかもしれない」と話していたが、その言葉通りになっている。
2021y10m08d_125757561


2021y10m08d_125036885

ガーディアン「全世界を虜にした地獄のようなホラーショー



 米CNNは、「『イカゲーム』は本当に最高だ。話題を呼んでいるというのは控えめな表現だ」と絶賛。

 英『ガーディアン』紙は、「『イカゲーム』は全世界を虜にした地獄のようなホラーショー。『パラサイト 半地下の家族』とこの作品には完全に分離された2つの階層が登場している」と表現し、仏BFMは、「『イカゲーム』が批評家視聴者を驚かせている。最初から最後まで緊張感を保ち、見たこともないような残忍さを見せる。BTSや『パラサイト』に続いて韓国文化がこれほど全世界で人気を博したことはなかった」と報じている。

 そのフランス・パリでは、Netflixフランスが同ドラマの体験館を期間限定でオープンさせ、3000人待ちだという情報もSNSで話題になっていた。

 『イカゲーム』の何が人々をそれほど熱狂させているのだろう。

子どもの遊びが使われる「デスゲーム」
2021y10m08d_125752029

『イカゲーム』は、多額の借金を重ねて立ちゆかなくなり、崖っぷちまで追い詰められた456人が賞金456億ウォン(約44億6000万円)を懸けて“デスゲーム”を繰り広げていくストーリー

 謎の組織が用意したデスゲームには、子どもの遊びが使われており、日本の「だるまさんがころんだ」(韓国では「ムクゲの花が咲きました」と呼ばれる)や「綱引き」といった世界でお馴染みのものから、「型抜きカルメ焼き」や「イカゲーム」のような韓国独自のゲームなどが行われる。

 子どもの無邪気な遊びとは裏腹にゲームに負ければ脱落、容赦なく葬り去られる。目を背けたくなるような残忍なシーンも繰り返されるが、全世界でブームを巻き起こしているのはなぜなのか。

 脚本も執筆したファン・ドンヒョク監督は韓国メディアとのインタビューで、グローバルな普遍性として「資本主義批判」を挙げており、さらに「ゲームそのものよりそこから“人”が見える作品であること」がドラマの魅力になっていると語っている(ソウル新聞、9月29日)。韓国人ドラマ評論家ファン監督とはまた別の視点から『イカゲーム』の普遍性は「資本主義の中での人間の欲望、本性ではないか」と話す。

経済的困難への共感、韓国ならではの「異国情緒」
2021y10m08d_125736143

2021y10m08d_125808229

ゲームに参加する、カネに困った崖っぷちの人々と、ゲームを主催したカネ持ちの“持てる者”の側すべてに共通する『欲望』と『人間の本能』、これは世界の人々に共通するものではないでしょうか。また、世界的にコロナ禍で経済的に苦しんでいる人が多いことも共感を呼んでいる理由だと思います。
2021y10m08d_125600005


 そして、デスゲームは日本や米国などでもお馴染みのコンテンツで入り込みやすい。
ストーリーも事情を抱えたさまざまな境遇の人々が一攫千金をめざし命を懸けて賞金を狙うという、いたってシンプルなものですが、作品としてはヒューマンドラマに仕上がっているところが単なるデスゲームと一線を画しています。
2021y10m08d_125058766

 グローバルな普遍性に加え、韓国ならではのローカル色も人気の秘訣だと思います。たとえば、韓国に伝わる子どもの遊びや参加者が着るジャージは異国的なものとして大ウケしました。これほどまでの人気になったのはそんな要素がうまく組み合わさった作品だからだと思います」

 劇中に登場する韓国の伝統的な遊び「型抜きカルメ焼き」は各国でさまざまなパロディが誕生しており、カルメ焼きを作るセットは通販サイト「イーベイ」などに登場し高値で売れているという。

 韓国でも、『イカゲーム』体験ゾーン地下鉄駅構内に登場するなど(人が殺到し密になると8日間で撤去された)人気の一方で、「食傷気味のストーリー」や「女性嫌悪だ」という酷評も飛び交った。

他作品と異なるのは、“負け組”の話であること

 日本のデスゲームものの映画『神様の言うとおり』や『カイジシリーズ、米映画『ハンガー・ゲーム』との類似性を挙げ、「剽窃だ」という人もいた。こうした指摘に対してファン監督はこう答えている。

2008年に作品(『イカゲーム』)を構想した時期は私が経済的にしんどい頃で、ほとんど漫画喫茶で暮らしていたような頃でした。その時に(日本の)『ライアーゲーム』や『賭博黙示録カイジ』も読んだし、米映画『ハンガー・ゲーム』も見ました。

 そこに出てくるのは、借金を抱えていたり経済的に追いこまれている人たちをカネを賭けたゲームに参加させるもので、そこから『イカゲーム』を思いついた」(京郷新聞、10月2日

 ただ、そうした他作品と異なるのは、「人が見える作品である」ことと、「他の作品は…(中略)…ひとりの英雄を全面に出して勝者になる過程を描いているが『イカゲーム』はいわゆる世間が言う“負け組”の話で、(難解なミッションを解く)天才も英雄もいない」(韓国経済新聞、10月1日)ことだと語っている。

ドラマで使われた電話番号が実際に存在

 また、ドラマに登場する女性が性的対象物として繰り返し描かれているとして「女性嫌悪的だ」という声が上がり、批判された。韓国紙の記者(30代女性)は言う。

「特にジェンダー問題に敏感だとされる20~30代の中には、『見る価値なし』と酷評する人も多いですね。女性が自らの性を利用したり、弱い者として描かれているシーンもあり、見過ごせないとする人が多く見受けられました」

 他にもドラマで使われた電話番号が実際に存在しており、電話番号の持ち主が、「参加したいという電話だけで2000件も超えてかかってきており、仕事にならない」(マネートゥデイ9月24日)と被害を訴え、騒ぎにもなった。

 また、ゲームに参加した人が賞金を狙うその背景にもれなく「家族」がついてくることや、結末などが韓国ドラマにありがちで陳腐なものだという声も聞かれた。

2021y10m08d_125122644


 主人公は、自動車工場に勤めていた平凡な技術者だったのが、不況のあおりで突然解雇の憂き目に遭い、事業に失敗してあっという間に中産層から低所得層へ転落した人物という設定だ。

 これは、実際、2009年に起きた「双竜自動車工場争議」がモチーフになっているといわれる。この事件は、双竜自動車労組などが2カ月間ほどストライキを続け、警察の機動隊などの投入により多数の負傷者を出したもの。騒動が収拾した後も自死者が出るなど、悲劇的な事件として知られるが、視聴者の中には既視感のあるこうした物語も食傷ぎみだという人もいた。

殺伐さが馴染む世の中になったのか

 韓国的素材が詰まった同ドラマが世界でこれほど人気な理由が最初はよく分からなかったという50代の会社員はこんなことを言っていた。

「結局、韓国で起きていることが特別なことではなく、世界でも共感を呼ぶ時代になったのだなあと思いました。ドラマで印象に残ったのは、デスゲームの主催者がゲームの中ではみな“平等”だと語ったシーンです。もちろん、詭弁なのですが、世界で民主主義が“ゾンビ民主主義”といわれるように、公正さなんていうものが無視されている現実も、ドラマの人気の背景にあるのではないかなあと思ったりしました」

『イカゲーム』は、ファン監督が脚本を売り込んだ2008年頃には「内容が殺伐としていて馴染まない」と断られたという。今はそんな殺伐さが馴染む世の中になったということなのだろうか。

(菅野 朋子)

主演のイ・ジョンジェは、1995年、最高視聴率64.5%をたたき出した大ヒットドラマ『砂時計』 に出演しスターに。その後も数々の秀作に出演しており、『イカゲーム』での哀愁漂う中年役はイ・ジョンジェ以外にいないといわれるほど絶賛されている ©getty


(出典 news.nicovideo.jp)

Netflixで大ヒット中「イカゲーム」、ハロウィーン衣装もベストセラーに
 Netflixで独占配信され、世界的ヒットとなっている韓国製作のサバイバルスリラー「イカゲーム」の劇中衣装を模したハロウィーン仮装アイテムが人気だ…
(出典:映画.com)

イカゲーム』(韓国語:오징어게임)は、2021年9月17日からNetflixで配信されている大韓民国のドラマである。 456億ウォン(約45億円)の賞金がかかった謎のサバイバルゲームに参加した人々が、最終的な勝者になるため、命をかけて極限のゲームに挑戦する話。 ソン・ギフン(No.456) 演 -
14キロバイト (1,283 語) - 2021年10月8日 (金) 02:29



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット