2021y09m21d_112956765

Netflixアニメ映画「ブライト:サムライソウル」10月12日から全世界独占配信されることが決定し、メインキャストを若手狂言師の野村裕基、平川大輔若山詩音が務めることが明らかになった。あわせて、本予告映像とキーアートも公開されている。
2021y09m21d_113249618

2021y09m21d_113412613

同作は、Netflixで配信中の実写映画「ブライト」の世界観を継承しながら、物語の舞台を幕末から明治の日本に移して描かれる。生きる目的を失った隻眼の浪人・イゾウと、盗賊から足を洗おうとしているオークライデンは、エルフの少女・ソーニャと、彼女が持つワンドをエルフの国に送り届けるため、ともに京都から横浜までの道のり、東海道を旅することになる。劇場アニメサイダーのように言葉が湧き上がる」を手がけたイシグロキョウヘイが監督を務める。

人間国宝の野村万作を祖父にもち、父・野村萬斎に師事して狂言師として活躍する野村は、本作の主人公・イゾウ役で声優に初挑戦。平川はライデン役、若山はソーニャ役を担当する。

本予告映像は、イゾウとライデンが戦う場面からスタート。種族が異なる3人がともに旅立つことになるいきさつや、旅先で待ち受けるさまざまな試練、イゾウが“先生”と呼ぶ謎の人物・コウケツとの対決など、作中のハイライトシーンボイス付きで収録されている。
2021y09m21d_113404477

2021y09m21d_113339547

2021y09m21d_113421733


なお、本作は3DCGアニメで、版画からインスピレーションを得た映像表現が盛り込まれている。

キーアートには、イゾウとライデンらが、輝きを放つワンドを掲げるソーニャとともに、敵に立ち向かっていく姿が描かれている。
2021y09m21d_113432045

2021y09m21d_113443229

2021y09m21d_113331214










(出典 news.nicovideo.jp)

ウィル・スミスが出演する続編が企画されている。 舞台を幕末から明治初期の日本に移し、本作の世界観を受け継ぐアニメ『ブライト: サムライソウル』が2021年10月12日配信予定である。 ^ Goldberg, Matt (2016年3月2日). “David Ayer to Direct
9キロバイト (875 語) - 2021年9月14日 (火) 01:22


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット