2021y07m23d_154047576

ビルボード誌の「2020年最も稼いだミュージシャン」が発表され、テイラー・スウィフトが1位に輝いた。
コロナ禍ライブが行えない状況の中、テイラー2018年の9960万ドル(約109.8億円)には及ばないものの、この1年で推定2380万ドル(約26.2億円)を稼いだという。
2021y07m23d_153449440

内訳はコンサート収入が0、ストリーミング配信で1060万ドル(約11.7億円)、レコードセールスで1000万ドル(約11億円)、出版物で320万ドル(約3.5億円)となっている。

一方、テイラーに続いては僅差でポスト・マローン2320万ドル(約25.6億円)で2位に。ポストは昨年3月のデンバー公演などロックダウン前にいくつかのライブ1240万ドル(約13.7億円)、ストリーミング配信では810万ドル(約8.9億円)の収入を得たそうだ。
2021y07m23d_153455073

昨年は自主隔離を余儀なくされた人々の生活を反映し、ミュージシャンらのストリーミング配信による合計収入は2019年の1億600万ドル(約116.9億円)から82%増加の1億9300万ドル(約212.8億円)に跳ね上がる結果となっている。

テイラーポストに続いては、主にツアーで稼いだセリーヌ・ディオンイーグルスがそれぞれ3位と4位、ストリーミングと出版物で強みを見せたビリー・アイリッシュベスト5の最後を飾った。
2021y07m23d_153544384

2021y07m23d_153813784

2021y07m23d_153656468

そしてテイラーと同じくコンサート収入無しのドレイククイーンがそれぞれ6位と7位、ザ・ビートルズが8位と根強い人気を見せ、ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン、リル・ベイビーとラッパー勢がベスト10を締め、惜しくも11位にザ・ウィークエンドの結果となった。


☆「最も稼いだミュージシャン2020」(ビルボードより)

1位 テイラー・スウィフト 2380万ドル(約26.2億円)
2位 ポストマローン 2320万ドル(約25.6億円)
3位 セリーヌ・ディオン 1750万ドル(約19.3億円)
4位 イーグルス 1630万ドル(約18億円
5位 ビリーアイリッシュ 1470万ドル(約16.2億円)
6位 ドレイク 1420万ドル(約15.7億円)
7位 クイーン 1320万ドル(約14.6億円)
8位 ザ・ビートルズ 1290万ドル(約14.2億円)
9位 ヤングボーイ・ネヴァー・ブローク・アゲイン 1190万ドル(約13.1億円)
10位 リル・ベイビー 1170万ドル(約12.9億円)


(出典 news.nicovideo.jp)

【テイラー・スウィフト 】
テイラー・スウィフト(Taylor Swift、1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国のポップ歌手、シンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。身長178 cm、足のサイズは26.5cm。 立て続けにヒット曲を生み出しており、ファン層も広く、しばしば「America's sweetheart」と呼ばれる。
2018年に公開した「End Game」は1日で8,000,000再生にものぼった。
★テラスハウス(テレビ番組)のオープニングテーマ曲に現在までに3曲が使用されている。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット