2021y07m20d_112205916

 7月19日に放送されたABEMA「給与明細」で、“アダルトビデオの帝王”と呼ばれるAV監督の村西とおるが登場。

エロチシズムについて熱弁を振るった。
2021y07m20d_112205916

【動画】AV監督・村西とおるが語るエロチシズム

 Netflixで配信されている話題のドラマ『全裸監督』『全裸監督2』の主人公モデルとなったAV監督・村西とおる。
番組では、“アダルトビデオの帝王”の異名を持つ彼が、新たな撮影に取り組み始めたという情報をキャッチ。
グラビアアイドルの徳江かなが潜入ガールとなって、村西監督の撮影現場へと潜入した。

2021y07m20d_112131804

新作AVの撮影を行なっていた村西監督は、出演女優のさくらさん(28)を紹介すると、「AV女優は本当に難しい」と説明。
「演技も出来なきゃいけない。頭よく顔もよく体もよく。全部よくないとAV女優って存在できないんです。だからAV女優の最高峰は女性の最高峰」と語っていた。
2021y07m20d_112212420


 現場では、週刊誌用のグラビア撮影も実施。
村西監督とさくらさんのツーショットを撮影した際、撮影スタッフから「Tシャツをもうちょっと脱ぐパターンもいただけないかなと」と注文が入ると、村西監督は「ちょい見せポーズの方がそれっぽいでしょ」と主張。
語気を荒げながら「エロチシズムというのはコントラストだっていうことをよく分からないと。皆さんに想像させなきゃダメ。君たちは視聴者の立場に立ったイマジネーションが全くないんだよ。もう何でもいいから見せちゃう」と持論を展開し、「そういうところを少し勉強した方がいいよ」とアドバイスを送っていた。
2021y07m20d_112235820

ABEMA/給与明細より)



“リアル全裸監督”村西とおるがエロチシズムを語る「皆さんに想像させなきゃダメ」


(出典 news.nicovideo.jp)

村西 とおる(むらにし とおる、1948年9月9日 - )は、日本のAV監督、実業家。福島県いわき市出身。ポルノ雑誌の販売などを手がけたのち、アダルトビデオの制作プロダクションを設立。自らカメラを回しながら男優としても出演するスタイルで注目を集め、草創期のアダルトビデオ業界で多数の作品を制作して大きな成功を収めた。
23キロバイト (3,300 語) - 2021年7月14日 (水) 18:55



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット