2021y06m07d_142532948

 お笑いトリオロバートの秋山竜次が、様々なクリエイターなりきりインタビューに答える「クリエイターズ・ファイル」。フリーペーパーから始まり、YouTubeや書籍などで展開されてきた本企画の新作クリエイターズ・ファイル GOLD』Netflixて、6月3日より全世界独占配信された。

 本作の見どころに加えて、様々なネタを生み出す観察眼やアイデアをネタにするまでの思考の過程などを語ってもらった。


横浜流星の出演回は、当日の朝までノープランだった
2021y06m07d_142330436

――今回は『GOLD』ということでゲストセットが豪華ですね。

 ネームバリューがある人と共演するとき、いままでテレビで多かったのが“接待芸”になっちゃうパターン。自分の面白さがあんまり出せずに、向こうを面白くしてあげるだけになりがちなんですよ。

クリエイターズ・ファイル」のファンの方は、チープななかでの遊びとか、エキストラさんが謎にクオリティが高いとか、そのあたりを面白がってくれてると思うので、ゲストを入れて、いつもの方が面白いじゃんって言われないようには気をつけましたね。

 今回は、このふざけた世界観を当たり前のように受け止めて、アドリブにのっかってくれる人たちと一緒にできたので、ありがたいですね。

 たとえば中尾彬さん、池波志乃さんご夫婦は、完成品を見て笑っちゃいましたもん。コメントもほぼアドリブで全て自然に言ってくれる。あれは台本がある芝居だとなかなか出来ないと思います。

 永野芽郁さんも最高でしたね。「透明感ありすぎて見えない」っていう清純派女優・藤原采(ふじわら・さい)のマブダチ役は、透明感がないと成立しないので。

 やりとりもほぼアドリブなんですけど、全部のっかってくれたうえに、なんならこっちが「やべえ、なんて返そうかな」って思う瞬間もありましたよ。

――台本がないとのことで、事前の打ち合わせはどのように進めるんですか?
2021y06m07d_142334620

 本当に台本がないので、なんとなく「秋山がこういう感じのことを言ってくると思いますので…」って説明だけで進んでるから、共演してくださったみなさんには感謝しかないです、本当に。もともとよくわからないところに、さらに突然全然違うことを言い出したりもするので。

 特に横浜流星さんの回は、ぶっちゃけ当日の朝までなにも決めてなかったんですよ。でも撮影現場のホテルエキストラさんたちは抑えてある。朝に現場近くのルノアールで、久々に焦りましたね。やべえ、なにも考えてねえなって。でも大丈夫だろうって感じでホテルに入って、やりながらなんとなく進めていきました。

 結果的に、完成したら関係者の方からは面白いって反響だったので良かったです。今回のラインナップの中でも主力といえる出来だと思います。ただ正直、横浜さんみたいなプロの俳優さんを交ぜてやるような遊びじゃないから、よくついてきてくれましたねって感じです。

◆「クリエイターズ・ファイル」は、実は時代の先を行っている?
2021y06m07d_142340045

――架空の世界を作るにあたって、秋山さんが日常で感じる“あるある”をフックにしているのでしょうか。例えば、永野さんが出演している回では、航空会社社長の謎ポエムが挟まっているとか。

 あれが確かに、あるあるかもしれないですね。大成功した社長の言葉って、なにを言ってるかわからないことが多いじゃないですか。だいたい田舎のおっかあの話をして、「ひもじい」って言葉が出がちなイメージがある。この時代にそのエピソードは響かねえだろう、みたいな。そのイメージを元におふざけをした感じです。

 TORIMAKI(トリマキ)サービスの話でも、芸能界って芸能人のまわりに“取り巻き”がいるよなって、昔から思ってて。メイクスタイリストマネージャーはわかるけど、その後ろの派手なヤツ、誰? みたいな。明らかに現場でいちばん派手だけど、ただただなにをしてるかはわからない人っているじゃないですか。

 そのイメージから、取り巻きの人って普段なにをしてるんだろう? もしかして取り巻きの専門学校を作ってるんじゃないか…? って遊ぶんです。中身でふざけるぶん、見た目には相当こだわってますね。本当はいるはずないキャラクターでも、扮装してみると、こういう人いそうだよね…っていうか本当にいる!? って感じになっちゃうんですよ、毎回。

 清純派女優・藤原采の回でも、正直、撮影中に僕が永野さんの横にいれば、ただのおっさんなんですよ。42歳のおっさんのなにが透明感だって話ですから。

 それでも、一流のカメラマンメイクスタイリストのみなさんになんとかカバーしてもらって、奇跡的な数秒を探す。そのつなぎ合わせでなんとか成立させてます。

――なんらかの人物に扮する際に、老若男女、性別も年代も関係なくさまざまなキャラクターをやっていますよね。ジェンダーレスでエイジレス。実は時代の先を行っていたのではと感じるのですが、そういった意識はなかったですか? 

 面白そうなことをやってただけかな。ただ、男なのに女の格好をするのはどうなの? みたいな感覚はないですね。この扮装、面白そうだな。やってみてえなっていう気持ち重視です。

 こんな体型のヤツがパリコレモデル、できないかな? ってところから始まったのが、パリコレNo.1モデルのダルタニアンで。



 いや、できるわけねえだろ! …でも待てよ、黒くえぐってペイントして、黒い布の前だけ仕事するならいけるんじゃないかって考える。それで扮装してみると、意外と見えちゃうんですよね。いかに面白いかっていうことしか考えてないと思います。

コロナ禍のしゃぼん玉は危険な飛沫玉
2021y06m07d_142519436

―― “憑依芸”として演技力を評価されることが多いですが、加えてその“あるある”を見つける観察眼も素晴らしいと思います。ここ最近で、今後なにかネタにしたいと感じた出来事はありますか?

 あります、あります。いくらでもあるな。例えばやけど…コロナ禍で除菌スプレーってよく見るじゃないですか。あれをもうちょっとイケてる感じに使う方法がないのかなと思っていて。

――どういうことですか…?

 センサーに手をかざすとスプレーが手に出てきますよね。例えばバスケをやってる人なら、高い位置に除菌スプレーを置いて、エアジョーダンみたいに空中でスプレーを浴びたらめちゃくちゃカッコいいんんじゃないかなと思って。そしたら誰かがロゴを作って…とか。

――普段からそんなことを考えているんですね(笑)
2021y06m07d_142532948

 そんなことばっかり考えてますよ。コロナをきっかけに考えたことは多いですね。最近、歌にしようと思ってるのが、しゃぼん玉。

 あれ、よく考えたら純度100%の飛沫玉じゃないですか。息を閉じ込めて空中を舞ってるから、割れると飛沫が広がる。しゃぼん玉を飛沫玉に替え歌しようかなと思ってるんですけど、作者から怒られないかな。

 いろいろ考えてることをコントに入れたり、歌にしたり、短いネタにしたり。混ぜ合わせて作ることもありますね。

 リモート会議って画面に奇抜なヤツがひとりいると目立つじゃないですか。これがもし会社と会社のプレゼン大会だったら、奇抜なヤツをひとり入れておけば、相手に舐められないんじゃないかって思ったことがあって。

 そこで「レンタルなんもしない人」という名前をパロディさせてもらって、なにもせず画面にいるだけでコンペの勝率が上がる「レンタルなんもしないクリエイター」っていうネタをやりました。これは、日々感じたことを混ぜ合わせたパターンですね。



ロバート・秋山のネタ作りは「やってて楽しいのがいちばん大事」
2021y06m07d_142542044

――「クリエイターズ・ファイル」やコント、短いネタなど、様々な種類のアウトプットをしているなかで、思いついたアイデアをどう振り分けているのでしょうか?

 基本的にロバートコントに入りそうなら、まずそこに持っていきます。料理するのが難しいか、ひとりでもできるかなって思ったのは「クリエイターズ・ファイル」に使って。

 成仏しようがない変なヤツもあるけど、コロナ禍で大勢のトーク番組が減った分、短いネタをやれる機会が増えたので、そういうところで使ってます。そこまで出しどころに困らず、意外とやりたいことができてる感覚はありますね。

――面白そう、やってみたいという気持ちでネタを作る際に、「自分のやりたいこと=ウケる」とは限らないと思うのですが、やる前からどのくらいウケるのかは、ある程度わかるんですか?

 いや、それはいつまで経ってもわかんないですね。

 でもこの十数年、ウケるかをまったく気にしないライブを2カ月に1回続けていて。ただただ実験的なネタをやる場として、とりあえず遊んでみるんですよ。そこでやってみて、半分くらいのお客さんに受けたら「ちょっと見えたかな、広げてみようかな」と思います。

 そこでまったくウケなかったら、これはないかなって諦めもつきます。昔から馬場(裕之)と遊んでたときのノリみたいな意味がわかんないやつは、ここで出したりしますね。

――実験的なライブではなく、テレビや賞レースなど幅広い層を笑わせようと、表現を変えることはありますか?

 今はそれよりも、やりたいことを優先してますね。ここ1年の話でいうと、ニコニコ動画とか生配信で、テロップが右から左に流れていくじゃないですか。「www」とか。あれを見てたら、人力でやってみたくてしかたなくなっちゃったんです。

 舞台上で、(山本)博がひとりで話してるところを、おれと馬場が「うるせえ」「オチがねえな」とか思ったことをホワイトボードに書いて、上手から下手へ移動して、セットの裏を通って、また上手から下手へ…って遊びをしてたら、完全に楽しくなっちゃって。

 めちゃくちゃウケたわけじゃなかったけど、やっぱりこの楽しいって気持ちには勝てないから、ネタに仕上げてテレビまで持っていきましたね。

――では、披露する場によってネタや表現を変えることはないと。

 変えてないですね。うちらのネタってストーリー性がないので、ひとつ遊びがあればそれだけで無理やり行っちゃえ!って感じでやってます。

 1回キングオブコントで優勝できたので、正直、もう好きにやっていいだろうというか、どう滑ろうが文句ねえだろって気持ちはありますね。うん。優勝してからはかなり気持ちが変わりましたね。

――キングオブコントで優勝するまでは、少しは大衆向けに寄せる意識もあったんですか?

 うちらのネタは中身がよくわかんないのが多いから、入り口だけちゃんとするっていうのは考えてましたね。

 「邪念ゼロ研究所」なんかも、無になったら電気を消すって意味分かんない。ネタじゃないですもんね。でも無理くり「コント」っていう枠組みに入れることで、お客さんに見てもらいやすくするために、その入口として…一応チラシを読んで説明するってことにして。

 でも結局は、やってて面白いなって思うのが大事ですかね。練習してるときにケタケタ笑っちゃうやつ。ネタ合わせしてて、思わず吹いちゃう率が高いネタが面白いと思ってます。

 ロバートの秋山竜次が様々なクリエイターに扮する『クリエイターズ・ファイル GOLD』は、Netflixにて全世界独占配信中。


取材・文/森ユースケ 
撮影/石塚元

お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次


(出典 news.nicovideo.jp)

秋山 竜次(あきやま りゅうじ、1978年(昭和53年)8月15日 - )は、日本のお笑いタレント、俳優、YouTuber。お笑いトリオ・ロバートのメンバー。 吉本興業所属。身長175cm、体重95㎏。3人兄弟の長男(弟2人)。 福岡県北九州市門司区出身。福岡県立門司北高等学校卒業。
28キロバイト (3,748 語) - 2021年6月5日 (土) 10:21




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット