2021y06m07d_124530215


山田孝之


6日に放送された『日曜日の初耳学』(TBS系)に俳優の山田孝之が登場し『全裸監督』(Netflix)で、村西とおる監督を演じる上での役作りについて語った。

2021y06m07d_124146127

2021y06m07d_124222559

■出演への決め手は「世界配信」

2021y06m07d_124250496

前回に引き続き、林修先生が時代のカリスマインタビューを行う企画「インタビュアー林修」にて、ゲストの山田に林先生インタビューを行った今回。

その中で、アダルトビデオの帝王・村西監督の人生を描いた作品、全裸監督への出演オファーが来た時の心境について、林先生が「どんな風に思われたんですか?」と質問。

すると、山田はその当時「ネガティブも相当来るであろうけど、見たことないものを出してしまうことはできる」と思ったことを語ると、続けて「出演を決めた一番の理由は世界配信だったこと」と、出演への決め手を明かした。


関連記事:ドランク鈴木拓、村西とおる監督との確執の真相語る 「急にディスられて…」

■話し方は「それっぽく」を意識

2021y06m07d_124530215

さらに「自分の今の実力が世界からどう見られるのかを知りたかった」と、出演を決めた理由について山田が告白する中、林先生は「村西監督にそっくりな役作りは苦労されたんじゃないですか?」と聞く。

この質問に対して、山田は「実際の村西さんはイントネーションが独特ですけど、(自分は)厳密にイントネーションをマネてるわけじゃない」と話すと、「村西監督っぽく聞こえるような抑揚をつけた話し方」をしていたことを明かした。


■65キロあった体重が…
2021y06m07d_124540527

2021y06m07d_124543912

そんな山田は、村西監督の動画を2~3回ほどYouTubeで観ただけで村西監督を演じたという。この告白に林先生が「でも『似てる』『村西だ』って言う人多いですよね」と感心したように口にすると、山田は「なってましたね、結果的になぜか」と不思議そうに話す。

その後、林先生が「体型的にも寄せられましたよね?」と質問すると、山田は65キロあった体重が75キロまで増えたことを明かし「10キロは太りましたね」と答え、撮影時には大きく体重が変わったことを告白した。





・合わせて読みたい→林修先生、酔った勢いで書いた歌詞を『うっせぇわ』の歌手・Adoにお披露目 その反応は…

(文/しらべぇ編集部・綿 つゆ子

山田孝之、『全裸監督』村西とおる氏を演じる上での役作りを語る 「10キロは太った」


(出典 news.nicovideo.jp)

全裸監督 村西とおる伝』(ぜんらかんとく むらにしとおるでん)は、本橋信宏によるノンフィクション。2016年10月17日に太田出版から刊行された。アダルトビデオ黎明期の1980年代に、色物扱いされつつも拡大路線を突き進んだ「AV(アダルトビデオ)の帝王」こと村西とおる監督
28キロバイト (3,243 語) - 2021年4月29日 (木) 04:34



山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本の俳優、歌手、映画監督。鹿児島県出身。スターダストプロモーション所属。 1998年、川内市立川内南中学校3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京。 1999年、10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。
55キロバイト (6,961 語) - 2021年6月6日 (日) 04:39

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット