2021y06m05d_101657057

6月6日(日)放送の「日曜日の初耳学」(毎週日曜夜10:00-10:54、TBS系)は、前回に引き続き、山田孝之が出演。
林修が“時代のカリスマ”に切り込む企画「インタビュアー林修」で、デビューのきっかけや演じることの楽しさに目覚めた作品との出合い、話題作「全裸監督」(2019年)について語る。

【写真を見る】林修のインタビューに答える山田孝之
2021y06m05d_102008234

Netflixオリジナルドラマとして190の国と地域で配信され話題となった「全裸監督」。

バブル景気に沸く80年代の日本を舞台に、“アダルトビデオの帝王”と称された村西とおる監督の人生を描いた過激な作品への出演は多くの人々を驚かせた。
山田はなぜこの役を受けることを決意したのか。作品との出合いとともに、これまでの俳優としてのキャリアを懸けて挑んだという作品の舞台裏を明かす。
2021y06m05d_102010201

2021y06m05d_102224297

また、2019年、突如プロデューサーとして映画作品に参加した山田。
演じることを封印し完全に裏方に徹することに、日本の映画界の将来を見据えたある思いがあったという。
信念と意志を貫き走り続ける山田が、演じるということ、そして俳優という職業について心の内を語り尽くす。
2021y06m05d_102012520








6月6日(日)の「日曜の初耳学」は、山田孝之インタビュー後編を放送/(C)MBS


(出典 news.nicovideo.jp)


山田 孝之(やまだ たかゆき、1983年10月20日 - )は、日本の俳優、歌手、映画監督。鹿児島県出身。スターダストプロモーション所属。 1998年、川内市立川内南中学校3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京。 1999年、10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。
55キロバイト (6,963 語) - 2021年6月2日 (水) 04:09


全裸監督 村西とおる伝』(ぜんらかんとく むらにしとおるでん)は、本橋信宏によるノンフィクション。2016年10月17日に太田出版から刊行された。アダルトビデオ黎明期の1980年代に、色物扱いされつつも拡大路線を突き進んだ「AV(アダルトビデオ)の帝王」こと村西とおる監督
28キロバイト (3,243 語) - 2021年4月29日 (木) 04:34

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット