2021y06m03d_100415687

●台本ナシ、瞬発力で生まれる面白さ 世界の反応にも期待
2021y06m03d_100406769

 お笑いトリオロバートの秋山竜次がさまざまなクリエイターに扮する「秋山竜次のクリエイターズ・ファイルが、Netflixオリジナルシリーズクリエイターズ・ファイル GOLD』となって全世界に向けて配信。
絶妙なクリエイター選びと、本物と思わせるセリフや仕草、謎のプロフェッショナル感が話題となり、人気沸騰。
秋山が生み出したクリエイターの総数は、現在までに70人以上という驚きの数に達している。
「『クリエイターズ・ファイル』は今や、僕のライフワーク。楽しくてしかたない。やめられない遊びです」とネタは尽きない様子の秋山が、『クリエイターズ・ファイル GOLD』にかける思いや、名クリエイター陣の誕生の道のりを語った。
 2021y06m03d_100415687

 2015年から始まった「秋山竜次のクリエイターズ・ファイル」が、『クリエイターズ・ファイル GOLD』となって世界190ヶ国以上で利用されているNetflixで配信。
スタートから6年が経ち、“世界進出”を果たした形だ。秋山は「これを世界がどう観るんだ! 190カ国がこれをどう感じるのか……教えて! 30ヶ国の言葉に訳されるんですよ。どう伝わっていくんだろう」と大きな笑顔を見せる。

世界に向けて配信されるのはとてもありがたいですが、まずは日本の方に面白いと思ってもらわなければ、話にならない」という思いを抱きつつ、登場させる8人のクリエイターの人選にも頭を悩ませたという。
「『クリエイターズ・ファイル』で特に人気のあるYOKO FUCHIGAMIと上杉みちくんは、外せないなと思いました。あとは新作もやりたいし、バランスも大事。“世界に向けて観てもらう”という角度を考えるならば、言葉がわからなくても面白さの伝わるような人。例えば、スーパーモデルアルセーヌ・ダルタニアンも入れたいなと思いました。YOKO FUCHIGAMIがただただ『スポーツブラジャー』と連呼する場面もありますからね。本当に、世界の人はどう観るんだろう!」と秋山自身も反応を楽しみにしている。

伝説ホテルマンである折尾豊、天才子役の上杉みち、おかっぱ頭のトータル・ファッション・アドバイザーYOKO FUCHIGAMI、透明感が出すぎの清純派女優の藤原采……。どのクリエイターも、醸し出す雰囲気、仕草、放つ言葉など、「こういう人、いそう!」と思わせる完成度。生みの苦しみとは、どのようなものだろうか? すると秋山は「『勢いでやっちゃえ!』というところから始まることが多いです」と笑う。
2021y06m03d_100543493

「『クリエイターズ・ファイル』には、“やったことのないところに手を出す面白さ”というのがあって。それだけに『計画を練りすぎるとよくないな』とも思っています。だいたい事前に衣装やカツラだけ決めて、場所を用意してもらったら、当日そこでどうしようかと考える。もうエキストラさんも呼んじゃっていますから、なにか出てこないと困りますよね(笑)
エキストラさんも配役を決めないで呼んでいますから、当日になって『ここでこういうことを言ってください』とお願いします。その場でひとつ面白いものが浮かんだら、それをとことんやり続けるというのが、いつものやり方。勢いで出てきたものが、面白さにつながることが多い」と瞬発力が大事だそうで、「それぞれのクリエイターの名前も、衣装を着て、カツラをかぶってから決まります。ギリギリまで決めないですね」と明かす。
 
秋山は「最初の1、2時間は探り探り。3時間くらい経ってから、ようやく使えるアイデアが出てくる」と楽しそうににっこり。台本ナシで進んでいくというが、『クリエイターズ・ファイル GOLD』にはクリエーターと交流する豪華ゲスト陣も登場する。
横浜流星永野芽郁、冨永愛、オダギリジョーら錚々たる面々だが、アドリブだらけの現場を成立させてくれたゲスト陣に、秋山は感謝しきりだ。

(出典 www.cinra.net) 

2021y06m03d_100548840

2021y06m03d_100558998

2021y06m03d_100609087

2021y06m03d_100613833

2021y06m03d_100620080

「“こういう設定の中で秋山と絡んでください”という流れの書いてある資料だけをお渡しして。
きちんとした台本はありません。
さらにその流れ通りのことも、僕はやりませんからね(笑)
これまでのエキストラさんとの絡みを思い返しても、やっぱりセリフを決めていないからこそ、面白いんです。ゲストの皆さんにも流れだけを把握してもらって、あとはその場のノリでやってもらいました。こんな仕事のオファー、事務所さんは心配だったと思いますよ!」と語りながら、ゲストたちの反応力に舌を巻く。

「みちくんのライバルである、天才子役を演じた安達祐実さんもすごかったなあ。YOKO FUCHIGAMIとファッションを語る、冨永愛さんの受け答えもものすごく自然で驚きました。富永さんと話すことで、さらにYOKOがファッション界の重鎮に見えてくる。
横浜流星くんの前では、ホテルマンの折尾豊が突然、スタッフにビンタをしたんですよ。横浜くん、本当に“うわあ!”という顔をしていましたよね(笑)。ああいう、なにも決まっていないからこそ出てくる表情が面白いですよね」。
2021y06m03d_100552864

2021y06m03d_100637261

生きる原動力に! 幼少期から培ってきた観察眼を生かして

いつも惚れ惚れとするのが、“面白い”と思うものに対する秋山の目の付けどころ。芸人仲間からもその天才性が認められている彼だが、幼少期から、身近な人やモノのおかしなところを見つけて観察するクセがあったという。その観察眼が、今の活躍や「クリエイターズ・ファイル」へと繋がっている。

「学校で、ヒマワリを育てているちょっと変わったヤツがいて。すると、そいつの歩き方とか、履いているズボンとか、ものすごい細かいところを見てしまう。あとは友だちの親も、じっくりと見ちゃっていましたね。『アイツの親、すごい派手な車に乗るよな。なにやっている人なのかな』と思うと、エアロビのインストクターさんをやっていたり。そこから『エアロビのインストクターさんなら、攻撃的な色の車に乗るよな』と勝手に思ったりして。
いつもそんなことを考えていましたね」と振り返り、「テレビを観ていても『この人は全国区ではなく、ローカルを中心にやっている人だな』とか、小学生の頃からそういう見方をするタイプ。めちゃくちゃイヤなヤツですよ。すべてを俯瞰、引きで見ている」と分析する。

培ってきたものを存分に活かせる場所を見つけた秋山。今や「『クリエイターズ・ファイル』はライフワークになっている」という。「月に1回、この撮影をしているんですが、とにかくやりたいことをやれるので、僕の中では月イチのお楽しみです。これがあるから頑張れる、例えるならアロママッサージのようなものですかね」とお茶目に語り、「6年続けていますが、まったく苦にならず、ものすごく楽しい。やめられない遊び」と中毒性を味わっている。
2021y06m03d_100527509

目標は、クリエイターの“100人到達”だ。「もう70人台に突入していますからね。100人は無理だなと思っていましたが、そこが見えてきた。
コロナが収束したら、100人のクリエイターを全員集めて、“クリエティブオリンピック”のような大きな式典をやりたいですね」と意気込む。
42歳となり、目標を叶えるためにも「健康管理を考えたい」そうで、「先日、体重計に乗ったら、98キロになってしまっていたんです。こうなってくると、デカイ系のもの、例えば大仏とかしかできなくなってしまいますから! スヌーズ姫というプリンセスをやったときは、ドレスが入らなくて大変でした。体重は落としていきたいです!」と話していた。
2021y06m03d_100535998

Netflixオリジナルシリーズクリエイターズ・ファイル GOLD』は、6月3日より全世界独占配信。
2021y06m03d_101113415




■秋山竜次
1978年8月15日生まれ、福岡県出身。1998年NSC東京校4期生として入学。同年、山本博、馬場裕之と共にロバートを結成。『デトロイト・メタル・シティ』(2008年)や『漫才ギャング』(2011年)など映画にも出演。『夜は短し歩けよ乙女』(2017年)などで、声優業も務めた。体モノマネなりきりモノマネを得意とし、2015年から始まった「秋山竜次のクリエイターズ・ファイル」が人気を博している。
(成田おり枝)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)

「ロバート秋山のクリエイターズファイル」(ロバートあきやまのクリエイターズファイル)は、が秋山竜次(ロバート)による連載記事および動画の名称である。 本稿では連載記事に加え、Netfilxで配信を行う「クリエイターズファイル GOLD」、秋山が企業とコラボレーションして製作した作品および本作を元
38キロバイト (3,252 語) - 2021年5月25日 (火) 11:12

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット