2021y05m30d_175027947


 テレワークが進むにつれ、より「効率化」「生産性アップ」が求められることとなった。そんな時大切なのは「同僚」の存在。出勤して面と向かい合って話していれば、エネルギーや洞察力、サポートを与えてくれるが、オンライン上ともなると、これまでどれだけ関係値を作ってきたかにかかってくる。

桝本壮志さん
桝本壮志さん
 デビュー小説『三人』を書いた放送作家・桝本壮志さん(45・@soushihirosho)は、もともとは吉本興業が運営する養成所NSC出身。
同期で仲の良かったチュートリアル徳井義実さんスピードワゴン小沢一敬さんらとシェアハウスで同居していたという異色の経歴だ。
彼らとは、道を別にしても定期的に助けになってくれることを明かす。前回の記事に続き、“近くにいるべき存在”はどんな人たちが理想なのか語ってくれた。
2021y05m30d_175027947

シェアハウスに一緒に住むべき人物像

――徳井さん、小沢さんと同居するようになった経緯を教えてくれますか?

桝本壮志(以下:桝本):最初は同期ということで仲良くなったんですが、そこから頻繁に遊ぶようになって、いつの間にか週に4回会うようになったんですね。「さすがにやばいよな、俺たち」ってことで、一緒に住むようになりました。コロナで解消するまで、6年ちょっと同居してましたかね。はたから見ると、相当気持ち悪いと思いますよ。40歳を超えたおじさんたちが、日々、野球や女の子の話をするだけなんで(笑)

 でもなんでこんなに一緒にいるのかなと考えたんですが、「視野を広げてくれる」存在なんですよね。
小沢くんだと音楽、漫画などのカルチャー徳井くんは日常を便利にするツール
UberEatsを利用し始めたのは周りの中でも相当早かったと思います。ふたりとも相当な“好奇心力”があって、凝り固まった思考をほぐしてくれるんです。
2021y05m30d_175103395

2021y05m30d_175138587


 NSCにいる生徒さんでもハウスシェアする人が多いんですけど、僕はよく「自分がすごいと思う人と住みなさい」と言っています。
自分より映画が詳しい、自分より体力がある、自分より忙しい……世間の絶対評価じゃなく、自分にとって学びがある存在と、長い時間過ごすことがプラスの人生になっていくはず。

芸人が長く売れ続けるためには

桝本壮志さん

――そうしたNSC生徒にアドバイスする立場にいらっしゃるわけですが、桝本さんから見て「売れる芸人」「売れない芸人」の違いってどこにあるのでしょうか。

桝本:簡単に言うと、面白ければ売れると思います。だけど、長く売れるためには「ピュア」な人じゃないと駄目。結局、それは人の気持ちがわかる人なので、ゆくゆく自分の面白さを培養してくれるスタッフが周りに集まってくる。芸人じゃなく、放送作家でも「スタンドプレー」で長く成功した人の話は聞かないです。

 早めに挫折を味わうのも、長いこと業界にいられるコツかもしれませんね。思い返せば、僕が18~23歳のときは「思ってたんと違う」の連続で、それまであった自尊心が見事に崩されました。ただ、そのおかげで周りに目を向けられるようになった。いま、学生サークルお笑いレースを獲って鳴り物入りで来る人もいますが、一度、壁にぶち当たるだけで心がポキっと折れちゃって、芸人をやめちゃうことも。

 今や当たり前のようにテレビに出ているブラックマヨネーズも、M-1チャンピオンになるまで10年以上はかかった。ボケの吉田(敬)は大会前に遺書を書くぐらい辛酸を舐めてきました。そんな時期を経験しているからこそ、いまいろんな仕事に対応できているんじゃないですかね。

若手芸人は圧倒的に“カメラ慣れ”している

桝本壮志さん

――現在、桝本さんがオススメする芸人さんはいますか?

桝本:これまでは大阪勢が強かったんですが、これから教え子世代の東京勢がどんどん出てくるかと。まだあまりテレビに出ていないクラスだと、令和ロマンナイチンゲールダンス、ゴヤ、ボニータなど首席卒業コンビには頑張ってもらいたいですね。なにより、YouTubeなどの動画サイトが普及しているから、圧倒的にカメラ慣れしていて、“世間との繋がり方”をわかっている。

 よく若い芸人さんたちには「“株式会社 自分”と思わないと今の時代損だよ」と言っています。Instagramビジュアルを売る、Twitterは宣伝する、テレビに出る時は自分たちの「王道ネタ」を見せる。可処分時間を奪う娯楽がさまざまあるわけですから、それぞれ使い分けをすることで、国民への浸透率が変わってきます。EXITニューヨークなどは特にそれが上手い。

「いまの芸人は面白くない」という人もいますが、それはナンセンスです。発想は柔軟だし、言語センスもある。“過激さ”は減ったかもしれないけど、誰よりもNSC講師の私が面白いと感じています。なるべく、卒業までの時間まで“お笑いへの意欲”の火を消さないよう、まきをくべる意識で接するつもりです。

コロナで助けてくれたのはやはり親友たち

三人
『三人』(桝本壮志、文藝春秋
――第1作目が発売されてまだ間もないですが、今後描いている青写真はありますか。

桝本:最初の『三人』は完全に自叙伝みたいなもので、徳井くんからは「お前の血しぶきが見えるようやな」と言われたぐらいさらけ出しました。だから次は“芸人にまつわること以外”を書ければなとは思います。

 ただ、まずはこの本を届けないと次の打席がない。コロナでどんどんリアル書店が閉店したから、宣伝に動くっていうことが全然できていなくて……
徳井・小沢くんにはTwitterでつぶやいてもらったり、ここでまた親友の存在のありがたみを感じているところです
2021y05m30d_175211219


 2人とも芸人としては先にどんどん進んで、“重り”のようになっていた時期がありましたが、作家になってからは“浮き輪”のように助けてくれる。今度は僕が支えられるところは協力してあげたいって心から思いますね。

<取材・文/東田俊介>

【桝本壮志】
1975年広島県生まれ。放送作家、コラムニスト小説家。吉本総合芸能学院(NSC)大阪校13期生で、同期芸人にブラックマヨネーズチュートリアル徳井義実)、野生爆弾など。芸人を引退後、吉本興業が運営する渋谷公園通り劇場の作家となり、のち放送作家デビュー。『ぐるぐるナインティナイン』『今夜くらべてみました』『ナニコレ珍百景』などを手掛ける2020年12月17日、初の本格小説『三人』を上梓
Twitter:@SOUSHIHIROSHO

【東田俊介】

大学を卒業後、土方、地図会社、大手ベンチャー、外資など振り幅広く経験。超得意分野はエンタメ Twitter:@shunbini

桝本壮志さん


(出典 news.nicovideo.jp)

<関連記事>


「同期のブラマヨ、チュートには到底及ばなかった」元吉本芸人の放送作家が持つ“バランス感覚”
…。かつては自らも芸人として活動しており、同期である「チュートリアル」の徳井義実さん、「スピードワゴン」の小沢一敬さんとは、あまりの仲の良さから3人でシ…
(出典:bizSPA!フレッシュ)


桝本 壮志(ますもと そうし、1975年7月8日 - )は、広島県広島市出身の日本の放送作家、コラムニスト、小説家、大阪NSC13期生。 広島市佐伯区出身。広島市立五日市南小学校、広島市立五日市中学校を経て広島県立広島商業高校(俗称広商)に進学。同校硬式野球部に在籍。当時の監督は元法政大学野球部監督の金光興二。
18キロバイト (2,169 語) - 2021年2月24日 (水) 02:38


【徳井義実】
徳井 義実(とくい よしみ、1975年4月16日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優であり、お笑いコンビ・チュートリアルのボケ、ネタ作りを担当。相方は福田充徳(ふくだ みつのり)。 京都府京都市左京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪NSC13期生。身長178cm、体重65kg
★テラスハウス(2013年4月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット