2021y03m27d_102304504

ハリウッドでいま最も旬な若手女優のひとりとして注目を集めるリリ・ラインハートが、「ラフィキ ふたりの夢」のケニア人女性監督ワヌリ・カヒウがメガホンをとるNetflixの新作映画「Plus/Minus(原題)」に主演することがわかった。
ハリウッド・レポーターが独占で報じている。
2021y03m27d_102137129

ブラックリスト(製作前の優秀脚本リスト)に選出され、いずれもNetflixドラマ化が決定している「The One That Got Away(原題)」「Plus One(原題)」を手がけた新進脚本家、エイプリル・プロッサーが執筆したオリジナル脚本による本作の主人公は、大学卒業を翌日に控えたナタリー(ラインハート)。
だが卒業前夜、ナタリーはひょんなことから正反対の現実が織りなすパラレルワールドに迷い込んでしまう。

予定外の妊娠によって故郷テキサスの田舎町にとどまり、若き母親として子育てに奮闘する人生と、ロサンゼルスに引っ越し、キャリアウーマンとして邁進する人生というふたつの現実を歩むなか、ナタリーは数々の恋愛や喪失を通じて自分を再発見し、成長していくというストーリーだ。

エリックニューマン(「ブライト」)とブライアンアンケレス(「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」)が共同で設立した製作会社スクリーンアーケードを通じてプロデュースにあたるほか、主演のラインハートがアリッサ・ロドリゲスとともに製作総指揮を務める。

大人気ドラマ「リバーデイル」(2017~19)のベティ・クーパー役でブレイクしたラインハートは、エル・ファニング主演の「ガルヴェストン」、ジェニファー・ロペスらと共演した「ハスラーズ」など、ビックスクリーンでも順調にキャリアを重ね、最近作となる米アマゾンスタジオ製作の青春恋愛映画「ケミカル・ハーツ」では、主演に加えて製作総指揮も務めている。
2021y03m27d_101946324


大人気ドラマ「リバーデイル」
2021y03m27d_102506462


ハスラーズ」
2021y03m27d_102529651


リリ・ラインハート Photo by John Shearer/Getty Images

(出典 news.nicovideo.jp)

リリラインハート (Lili Reinhart、1996年9月13日 - )は、アメリカ合衆国の女優。 オハイオ州のクリーヴランドで生まれる。ニューヨークでオーディションをうけたあと、18歳でロサンゼルスに移る。 複数の映画の出演を経て2017年から放映が始まったテレビドラマの『リバーデイル』でよく知られるようになる。
2キロバイト (154 語) - 2021年3月17日 (水) 06:41

Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国に本社を置く、世界的な定額制動画配信サービス及びオンラインDVDレンタル運営会社。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1.57兆円)、契約者数(世界)は2020年末時
68キロバイト (8,335 語) - 2021年3月22日 (月) 08:31

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット