2020y11m18d_104054018

ジュピターテレコム(J:COM)は、Netflixケーブルテレビの専門チャンネル27チャンネル以上をセットにした新サービスプランJ:COM TV フレックス」を12月2日に提供開始する。
月額料金は税別5,160円で、視聴できる専門チャンネルが異なる2つのプランを用意する。


2020y11m18d_104054018




 ユーザーのニーズに合わせて、視聴できるコンテンツが選べるサービスプラン
J:COMでは、「Netflixと専門チャンネルセットになったサービスプランは国内初」としている。

2020y11m18d_103648963


J:COM
TV フレックスを利用するには、同社が提供する専用チューナーJ:COM LINK」の月額利用料金362円(税別)が別途かかる。

視聴できる専門チャンネルとして、「スポーツ・音楽・総合エンタメ」をグループとしたAプランと、「映画・ドラマアニメドキュメンタリー」をグループとしたBプランを展開。

2020y11m18d_103656643
Netflixと組み合わせて、Aプランでは幅広いジャンルコンテンツを視聴したいユーザー向け、Bプランでは海外ドラマや映画など特定のジャンルをより深めたいユーザー向けに訴求する。

各パックは月単位で変更できる。



2020y11m18d_103703195

J:COM TV フレックスサービスには、Netflixのベーシックプラン(月額800円、税別)が標準で含まれているが、差額を支払うことでスタンダードプランプレミアムプランに変更できる。
スタンダードプランに変える場合の差額(税別)は月額400円、プレミアムプランの場合は同1,000円。

なお、J:COM TV フレックスNetflixアカウントは新たに作成する必要がある(J:COMまとめ請求 for NETFLIXに加入している場合を除く)。
Netflixへの直接契約などで既に使用しているアカウントJ:COM TVフレックスで利用したり、新たに作成したアカウントへ以前のアカウント情報を引き継ぐことはできない。
(庄司亮一)

画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)

ジュピターテレコム (J:COMからのリダイレクト)
てケーブルテレビ事業統括運営(MSO)および番組供給事業統括運営(MCO)を主たる業務とする、KDDI株式会社の連結子会社である。ブランド名は「J:COM(ジェイコム)」で展開し、グループ会社には商号に「ジェイコム」の文字を冠した企業が多い。 1995年(平成7年)、住友商事とアメリカ合衆国の最大
65キロバイト (5,936 語) - 2020年10月6日 (火) 07:56

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット