2020y11m11d_150142932

小松左京のSF小説「日本沈没」(角川文庫)を湯浅政明監督が初めてアニメ化した、「日本沈没2020 劇場編集版-シズマヌキボウ-」が、11月13日(金)に公開される。

(出典 eiga.k-img.com)

Netflix配信時から、賛否のあった本作に、各界を代表する6人から感想コメントが到着した。
2020y11m11d_150302532

2020y11m11d_150238131

2020y11m11d_150128749


■よしひろまさみ
2020y11m11d_145345357

各話30分、全10話のNetflix版は、見ることを止められないスリルと意外な展開の連続。その勢いを加速した劇場版は、濃密圧縮怒濤の150分に。非常事態だけのことにはしておけない、さまざまな社会問題が渋滞しているので、繰り返し見ずにはいられない問題作。(映画ライター)

宇野常寛
2020y11m11d_145508805

本作で描かれた「2020年の東京」の豊かさが、空疎であったこと。本作を「政治的に」解釈した人々の反応が、醜悪であったこと。本作にまつわるすべてのことが、身もふたもない現実を突きつけてくる。日本はすでに「沈没」しているのだ。(評論家PLANETS編集長)

はぁちゅう
2020y11m11d_145425149

今年一番絶望した映画! この世界が現実になったら、私は一番最初に、何も見ないまま死にたい。でも、絶望の中では希望が際立つことも事実で、私達は今、間違いなく、理想郷に住んでいるのだとかみ締めました。泣きます。(ブロガー・作家)

吉田尚記

(出典 dime.jp)

この作品について湯浅監督がおっしゃった、「普通の人って、複雑じゃないですか」という言葉が忘れられません。「日本沈没2020」には、フィクションに慣れすぎてしまった私たちが気にしてしまう、「フラグ」という概念が一切ありません。全員に死亡フラグが立っているとも、立っていないとも言える。ここには、野生のフィクションがあふれています。(ニッポン放送アナウンサー)

■植松晃士
2020y11m11d_145721749

一分一秒を無駄にはできない! 今を全力で生きることの大切を、改めて気づかせてくれました。(ファッションプロデューサー)

■中西麻耶
2020y11m11d_145810669

自分の思っている日本人イメージが、どんどん裏切られてしまうくらい、オープニングからショッキングな場面や出来事が繰り広げられ、いざ、大きな災害があった時に、こんなにも人間は「心」を見失ってしまうものなのかという恐怖心もありましたが、主人公の歩は高校生という若い年齢で、受け入れがたい現実と向き合いながら、懸命に生きる姿が印象的でした。

二重国籍の弟が、日本代表としてオリンピックに出場するシーンでは「国籍はどっちでも良かったけどね」と言っていましたが、その選択肢を与えられた時に「日本」を選んでもらえるような、そんな日本を私たちは、今後、どのように用意していくのか、近年、災害が日本を襲うことが多くなった今、私達は失っては再建し、より良い未来を創っていきたい、そう思いました。(陸上アスリート<パラ幅跳び>)

STORY

2020年、日本を襲った突然の大地震。

ごく普通の家族、武藤家の歩と剛の姉弟は、一家4人で東京からの脱出を始めるが、刻々と沈みゆく日本列島は、容赦なく彼らを追い詰めていく。極限状態で突きつけられる、生と死、出会いと別れの選択。

途方もない現実と向き合う中、歩と剛は、未来を信じ、懸命に生き抜く強さを身につけていく。




11月13日(金)に公開される劇場編集版アニメ「日本沈没2020 劇場編集版-シズマヌキボウ-」/(C)“JAPAN SINKS : 2020”Project Partners

(出典 news.nicovideo.jp)

日本沈没』(にっぽんちんぼつ、にほんちんぼつ)は、1973年(昭和48年)に刊行された小松左京による日本のSF小説、およびこれを原作として制作された映画(1973年と2006年)、テレビドラマ(1974年)、ラジオドラマ(1973年と1980年)、漫画(1970年代と2000年代)、Webアニメ(2020年)。
99キロバイト (12,179 語) - 2020年10月31日 (土) 03:01

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット