2020y07m29d_105049985


Netflixでの配信開始以来、常にランキング上位に常駐している話題の韓国人ドラマ梨泰院クラス』(イテウォンクラス、原題:이태원 클라쓰)。
その日本盤オリジナルサウンドトラック2020年8月26日キングレコードより発売となる。
このほど、その詳細が明らかとなった。

 

『梨泰院クラスブックレットより
2020y07m29d_104404899 - コピー

梨泰院クラス』は、韓国の同名ウェブ漫画を原作とし、韓国のケーブルテレビJTBCにて2020年1月31日から3月21日まで放送されると、JTBC史上3位、韓国のケーブルテレビ史上7位の高視聴率を記録した(2020年3月時点)。
その後、Netflixで配信され、世界的な人気を巻き起こしている。
2020y07m29d_104533363

 

ある事件をきっかけに、ソウルの飲食店激戦区・梨泰院(イテウォン)に小さな居酒屋「タンバム(甘い夜)」を開いた朴訥な青年パク・セロイが、韓国外食チェーンの頂点に立つ「長家(チャンガ)」の打倒を目指し、一癖も二癖もある若い仲間たちと、様々な困難に遭いながら奮闘していく過程が、息をつかせぬ展開の速さと驚きのどんでん返しの連続で描かれていく壮大なスケールドラマだ。

主役セロイを演じる青年パク・ソジュンや、ソシオパスながら愛嬌溢れるマネージャーのチョ・イソを演じるキム・ダミ、またセロイの仇敵「長家」会長チャン・デヒを演じるユ・ジェミョンら「癖の強い」キャスト陣の見事な演技が、『愛の不時着』などと同様に、コロナ自粛期間中の全世界のNetflix視聴者を釘付けにした。 

2020y07m29d_104525418

2020y07m29d_104628738

ドラマの魅力のひとつが劇中の随所に流れる音楽だった。2020年8月26日に日本盤が発売となるCD4枚組のオリジナルサウンドトラックでは、名場面の数々を盛り上げた楽曲を心ゆくまで堪能することができる。

CD1&2に収録される歌唱楽曲はーー パク・セロイが仲間と力を合わせながら困難に立ち向かい、いつか夢を掴むと宣言する、Gahoの歌う躍動的な「はじまり」、セロイの父親との絆のテーマ曲としてイ・チャンソルがベン・フォールズの名曲をカヴァー歌唱した「Still Fighting It」、またキム・ウソンThe Rose)の「You Make Me Back」、若手注目の男性アイドルグループVERIVERYの「With Us」。もちろん、主演パク・ソジュンと過去のドラマ出演をきっかけに親交を深めたBTSメンバーV自作曲で、iTunesチャートにおいて世界最多103カ国で1位を獲得した「Sweet Night」も収録。

 

2020y07m29d_104356187


CD3&4には、計51曲のBGM楽曲を収録。各ナンバーから、色々な感動の名シーン思い出すことができる。そのドラマの場面をふんだんに収録した40ページに及ぶフルカラーブックレットには、日本語対訳、ハングル歌詞のフリガナが日本盤仕様として付くのもドラマファンには嬉しい。7月下旬現在、CDショップwebサイトでの予約を受け付け中だ。
2020y07m29d_104507210

韓国版フルアルバム音源

 




『梨泰院クラスブックレットより

2020y07m29d_104404899
『梨泰院クラス』日本盤オリジナルサウンドトラック ジャケット(キングレコード)

(出典 news.nicovideo.jp)

梨泰院クラス』(イテウォンクラス、原題:이태원 클라쓰)は、韓国のケーブルテレビ局JTBCにて2020年1月31日から同年3月21日まで放送されたテレビドラマ。ソウルの飲食店激戦区・梨泰院(イテウォン)を舞台に、飲食業界での成功を目指して仲間と共に奮闘する若者たちを描いている。原作は、2017年か
18キロバイト (1,198 語) - 2020年7月10日 (金) 22:40

Netflix(ネットフリックス、NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国のオンラインDVDレンタル及び定額制動画配信サービス運営会社。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、FAANGの一つである。2017年12月の時点で190ヵ国以上で配信事業を展開し、2018年の売上は157億ドル(1
60キロバイト (7,374 語) - 2020年7月13日 (月) 15:02

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット