2020y03m20d_145037482


AM8周年記念企画:「恋をとりまく10年」として、テラスハウス出演で昨年注目を浴びた松㟢翔平さんにインタビューを敢行。

俳優やモデルとして活動するかたわら、コラムの執筆や映像制作等幅広い仕事を行う仕事観や、「彼女はいないよ、セックスはしまくってるけど」発言が話題を呼んだ恋愛観等から、これからの新しい生き方をさぐります



――10年前は何をされていましたか?

松㟢翔平(以下、松嵜)
高校1年生でしたね。ものを作ることや映画を観ることが好きだったので、芸術系の高校に進学しました。

――その時代の恋愛のことも、伺ってよろしいでしょうか?

松㟢
どんどん聞いてください! 高校1年生のときに、初めてできた彼女が、クラスマドンナみたいな子で、彼女がなぜか僕のことを好きになってくれて。クラスに男子が5人くらいしかいないから有利なんですよ。
ただ、結構すぐに別れちゃって。高校生って同性の友達といるほうが楽しかったりするじゃないですか? それでメールで別れを切り出したら、キープでもいいじゃん」みたいなことを言われて……。

――すごい展開ですね。

松㟢
当時僕は「キープ」の意味がわかんなくて。結局別れましたね。その子はクラスの中心人物だったので、次の日からクラスの女子がみんな敵! 状態に。それが高校1年の1学期だったので、徐々に打ち解けていく3年間でした。

「映画が作りたい」から役者の道まで


――その後、多摩美術大学へ進学されます。

松㟢
高校卒業ぐらいのころは自分が何をしたいのかわからなくなっていて。ひとりでCGやクレイでアニメを作るのに熱中してはいたけど、絵は下手だし。美大に憧れがあって東京藝術大学の先端芸術学科を目指していたんですが、落ちちゃって。
浪人は向いてないと当時の担任に言われて…3.11のとき、高校二年生の春休みに高校が1ヶ月くらい休みになったんです。そのころすごく怖くて外に出たくなくて、実家の隣のレンタルビデオ屋にだけ通って浴びるように映画を観ていたことを受験のころ思い出して。
その年に唯一まだ受験できた多摩美の映像演劇学科を受けたら合格しました。夜間部で、当時ほとんど定員割れしていたのかな? 今はもうない学科なんですけど。

――大学生活はいかがでしたか。

松㟢
夜間だったので、社会人が多かったんです。6個上の同級生にかわいがられて、クラブに連れていってもらったり、音楽を教えてもらったりして遊び方を覚えました。

大学では自主映画の現場にずっと入っていて。裏方は一通り経験したのですが、僕は下っ端なので、制作部として役者と距離が近いところで接することが多かったんです。
その中に山本圭佑くんっていう先輩がいて。毎回主演を張っていたりして、すごくかっこいい姿を間近で見ていて。ほとんど同じ座組で映画を撮るので、2年間ずっと彼の姿を見て、役者に憧れる気持ちが芽生えて、自分も学生の現場で役者をやりたいと手を挙げるようになりました。

大学四年のみんなが就活をはじめる時期にちょっと焦って、事務所に応募したりするポートフォリオを作っていたら、たまたま一緒にいた先輩の家に今の事務所の社長である森岡龍が現れて。先輩から「お前、その資料龍さんの事務所に持って行ってもらえば?」と言われ、そこからとんとん拍子で当時の事務所に所属が決まり。
でも、オーディションもほとんど受からなかったし、ぜんぜんダメダメでしたね。

3年目ぐらいで事務所から離れることになって。当時、仕事はないけどやる気は見せたいから、オーディションスケジュールNGを出さないために長い旅行に行ってなかったんです。いい機会だし旅行に行きたいと思っていたところに、台湾に住んでいる子と知り合って意気投合して、「今、台湾のシェアハウスに一部屋空きがあるからどう?」「行っちゃおうかな」と。

――ノリで始めた台湾生活が、大きな転機となったわけですね。

ひとつに絞れないなら全部面白くする


――昨年はテラスハウスで話題をさらっていかれて…

松㟢
人生のハイライトですね(笑)

――テラスハウスに出て、環境は変わったと思われますが、ご自身に変化はありましたか?

2019y11m19d_152502122


松㟢
番組は1週間を40分くらいにしているので、当然視聴者の知らないことの方が多くなるじゃないですか。その空白を視聴者がそれぞれに補完していって、勝手に僕らのイメージが作られていく。
それが最初はすごく嫌で、「ちげーよ!」とか思ってたんですけど。でも、そもそも人は普段の生活でも、他人に見られて、その人の中でイメージを補完されているものでしかないってことを力技で思い知らされたんです。それは面白いし、豊かだなって。

――番組では、翔平さんの語る「俳優専業を目指さない」「いろいろな仕事で稼げばいい」仕事観にも大きな反響があったと思います。それは昔から考えていたことなのでしょうか?

2019y11m19d_152551342

松㟢
いやいや、最初の事務所に所属していた頃は、「役者一本でいかなきゃ」と思っていました。バイトしていることも恥ずかしいぐらい。

――それが何故今のような考えに?

松㟢
22,3歳くらいのときに、役者でめちゃくちゃ売れるのが見えないと思ったんです。
同世代の菅田将暉くんや染谷将太くんを見て「すげえなあ、あんなふうになれないな」と。とはいえ、役者を辞めたくはない。じゃあ、役者を辞めずにすむにはどうしたらいいんだろう? と考えだして。
50歳、60歳になっても、売れてなくても役者を続けていたい。そしたら他の仕事でお金を稼がなくちゃいけないけど、ならその仕事は面白いほうがいいし、役者にフィードバックがないと時間を売るだけになっちゃう。
なにか大きなきっかけがあって変化したわけじゃないんですけど、徐々に社会の荒波にもまれて(笑)そのほうが卑屈にならずにすむし。

――お話を伺っていると、番組での印象とは変わってきますね。

松㟢
そうですね。挫折というほどではないけど、そのとき上手くいかなかったら、じゃあ考え方を変えてこうしようとか。僕はガツンと一発でいける何かを持っているわけじゃないので、許されるうちにいろいろトライアンドエラーするしかないなって。

自分の考えを新しいところへ飛ばせてくれる恋愛の楽しさ


――「テラスハウス」の16話、終盤での香織さんとのシーンは前半のクライマックスといえると思うのですが。

68834400

松㟢
「彼女はいないけどね、セックスはしまくってるけど」のやつですか? 
いいシーンでしたねあれ

なんか恥ずかしくて見てなかったんですけど、最近ようやく見たんです。
エモいっすよね

183dd68c

43099401

――ご自身もそう思うんですね!10年間の恋愛の変化も聞かせてください。

松㟢
高校時代のマドンナの次は、大学1年の終わりごろに、同じ学校の5個上の女の子と付き合うことになって。撮影の機材置き場が欲しかったりの理由もあって、一緒に住んで。2年くらいで、僕に他に好きな人ができて別れました。その子には告白したけどダメだったんですけどね。
その後は、10個くらい上の子と、また2年くらい同棲して……。

クラブで遊んでたら出会って、そのまま彼女の家に行ったけど、その夜は二人とも倒れるように寝て。
朝起きたら彼女はもう起きてリビングで仕事してて。けっこう良いマンションにビビりながら「どうも…」って話してたら、彼女が「おなかすいた」って、1個1500円ぐらいのハンバーガーの出前を頼んだんです。俺、そんな高いハンバーガー見たことなくて。 そしたら「私ハンバーガーのときはコーラしか飲みたくないから」ってコーラだけ買いに行かされて、その感じにキュン!としちゃって。その日のうちに告白しました。

――すごい! ドラマみたいですね。

松㟢
これは本当にいい話で。彼女はプリンスが好きだったんですけど、その三日前ぐらいにプリンスが亡くなって、MTVがずっとプリンスミュージックビデオを流していて。「パープルレイン」が流れる中、横並びのソファで告白して。なんかテラハみたいですよね。

――恋愛をきっかけに何かを変えようとしたことはありますか?

松㟢
ありますよ!髪型も好きな子の好みをリサーチして合わせたり、僕結構コロッと変えます。
恋愛すると、その子は何が好きなのかなとか、自分の興味とはまた別軸で興味ができる。それが僕はおもしろいなと思ってて。デートも、行きたいと思ったことない場所に行ったり、見たいと思ったことなかった映画を見にいかされたり。そしたら意外と面白かったりとか、考え方が新しいところに飛べる。それは友だちもそうなんですけど、でも友だちよりも恋人のほうが強い感じがします。

台湾へ行ったのも、10歳年上の彼女と別れた後、好きになった子にフラれて「俺成長しなきゃダメだ~」って思った時期だったんです。安易ですけど、「海外行くか!」と。

――手が届かない女性だったのでしょうか。

松㟢
届きそうで届かなかった。でも、その子に好きになってもらうために、いろいろ考えた時期にも出会いがありましたね。クリスマスデートできることになったんですけど、これまでクリスマスデートなんて経験なくて。24日はマジでディナーの予約をとれないことを、そこで初めて知りました。
普通はそんなに気合い入れないですもんね。その子は強烈で、オランダまで追いかけていきましたもん。

――えっ!すごい

松㟢
振られて台湾にいた時、その子がオランダで展示をするから冗談で「来てよ」って言われて、本当に行って。「マジか」ってドン引きされましたけど、でもデートはしてくれました。
そんなことないとなかなかヨーロッパも行かないし。そういうことさせてくれる子だったんです。

今日を重ねてこれからの展望をつくる


――「テラスハウス」を卒業してからの近況も聞かせてください。

松㟢
PARCOで台湾のポップアップショップをやったり、トークショーに呼ばれたり。「仕事」をテーマ高校生と対談させられちゃったりして。「俺で大丈夫か?」って思って行ったら、高校生の方がしっかりしすぎていて、全然大丈夫じゃなかったですね(笑)
最近は、「これはやるべき仕事なのか?」と考えるようになりました。たとえば映画なら、この作品に加担していいのか? とか。

――これまでの10年について伺ってきましたが、10年後のライフプランを考えたりしますか?

松㟢
僕は注意散漫な人間なので、「今日一日に集中しよう」と思わないとできないんです。だから、先のことを考えるよりは、今日、今日、今日と重ねていって、それで変な方に転がってくのも面白いし。
インタビューで先のことを聞かれるたびに、「いや死んでるかもしれないじゃん」とか思うんですよ。人間が時間を管理しようとするのもおこがましい。それならもう「今」に対して、どうにか集中していくしかない。

――理想の姿はありませんか?

松㟢
10年後……芝居やめてなきゃいいなって思います。将来、今を思い返して「あの頃はド下手だったな」って思えるようになってたらいいですよね。

松㟢翔平
1993年生まれ、東京-台湾在住。
マイターンエンターテイメント所属。
出演作は『テラスハウス TOKYO 2019-2020』『川島小鳥とコロンビア』『眠る虫』など。
ファッション誌"GINZA"にて『翔平のもしもし台湾』などのコラムも連載中。
Instagram:@matuzakishohei

TEXT藤谷千明
Photo/なかむらしんたろう

AM

(出典 news.nicovideo.jp)

翔平のこのユルいけどアツい感じスキ

やっぱ芝居がいちばん好きなんだな
応援したい♪


D90YYo-UEAAwKuX

2019y07m01d_172342190

テラスハウス (テレビ番組)
最新シリーズは、東京編の『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』が、2019年5月14日からネットフリックスにて、2019年6月11日からフジテレビ・オンデマンドにてそれぞれ配信。2019年7月から地上波で放送予定。
テラスハウスはNetflixで配信中のため世界各国で番組が視聴されており、前シリーズ『TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS』は、米・TIME誌が発表した『2018年のベストテレビ番組10(The 10 Best TV Shows of 2018)』で6位に選出された。日本の番組では唯一のランクインとなった。 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット