2020y01m13d_142605861



ちはやふる』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『十二人の死にたい子どもたち』『カイジ ファイナルゲーム』などその確かな演技力で話題作への出演が絶えない俳優・新田真剣佑と、同じく『君の膵臓をたべたい』にて日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞し、『君は月夜に光り輝く』などで若者の絶大な支持を受け、ダンスロックバンドDISH//」のVo./Gtとして幅広い活躍を魅せる北村匠海のW主演で贈る、完全オリジナル映画『サヨナラまでの30分』が2020年1月24日に公開となる。

青春映画としてだけではなく、音楽映画としての側面も持つ本作のオリジナルサウンドトラックが、2020 年1月22日(水)にCDに加えてカセットテープとしても発売されることが決定した。
2020y01m13d_140525701

映画本編の中で重要な鍵としてカセットテープが登場するということもあり、本サウンドトラックカセットテープでも発売されることとなった。この商品は映画公開劇場と、ECサイトSony Music Shopで限定販売され。今作に封入される歌詞はカセットテープサイズの特製カード仕様になっている。
2020y01m13d_141947430

また、CD初回生産限定盤は三方背BOX仕様となっており、そのジャケット写真も本日公開。更に、拠点CDショップ購入者特典として特製ポストカードが付くことも合わせて発表された。

サウンドトラックの音楽プロデュースandropの内澤崇仁が担当。「瞬間(sayonara ver.)」、「もう二度と」など映画内で聴ける劇中バンドECHOLL”のナンバーと作曲家/ピアニスRayons による劇伴曲を収録。



作品のアーティスト表記はECHOLL / Rayonsで、アルバムタイトルは「サヨナラまでの 30 分」となっており、サウンドトラックの枠を超えた映画と音楽のコラボレーションによる1枚に仕上がっている。
12月2日(月)にはアルバムからリード曲「 もう二度と」が先行配信され、オリコンデイリーデジタルシングルランキングで9位ランクインするなど大きな話題となっている。



サウンドトラックアルバム情報>
ECHOLL / Rayons 「サヨナラまでの30分」
2020年1月22日(水)発売

【リード曲:ECHOLL 「もう二度と」 (MV Short ver.)】


<映画情報>
「お前だけなんだよ、俺が見えてんの。お願い、ちょっと体貸して。」
アキが遺したカセットテープを再生する30分間、2人は1つの体をシェアする。
新田真剣佑が演じるのは、一年前に死んだ、バンドボーカルのアキ。北村匠海が演じるのは、人と関わる事が苦手で就職活動も失敗ばかりの大学生の颯太。そんな出会う筈のない2人を結び付けたのは、颯太がたまたま拾ったアキが遺したカセットテープ。このカセットテープが再生されるたった30分だけ、アキは颯太の体を借りて入れ替わることができる。アキは颯太の体を借りて、もう一度仲間と音楽をやるために、そしてバンドメンバーで恋人・カナの笑顔を取り戻すために奔走!しかし、次第に2人が入れ替われる時間は短くなっていき・・・。“サヨナラ”がくれた僕たちの“はじまり”の物語。切ない想いが重なり合いキセキを起こす、青春音楽ラブストーリーが誕生!

2020y01m13d_142020606

2020y01m13d_140245149

映画「サヨナラまでの30分」
2020年1月24日全国ロードショー

新田真剣佑 北村匠海
久保田紗友 葉山奨之 上杉柊平 清原翔
牧瀬里穂 筒井道隆 松重 豊
監督:萩原健太郎
脚本:大島里美
企画プロデュース:井手陽子 音楽プロデューサー:内澤崇仁、安井 輝制作・配給:アスミック・エース
©2020『サヨナラまでの 30 分』製作委員会


(出典 news.nicovideo.jp)

2020y01m13d_142244006

【葉山奨之】
葉山 奨之(はやま しょうの、1995年12月19日 - )は、日本の俳優。大阪府出身。トライストーン・エンタテイメント所属。身長177cm。 大阪府出身。小学2年生の時に親の仕事の関係で上京する。映画『クローズZERO』の小栗旬に憧れ、中学3年生の時にオーディションを受け[要出典]同じ事務所に入る。
★テラスハウス(2017年12月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

このページは「terracehouse_lovelog」が管理しています。
mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット