2019y11m05d_182831014


NHK大河ドラマいだてんの第41回が、2019年11月3日に放送された。

この放送をめぐっては、7年間にわたる所得隠しと申告漏れが指摘されたチュートリアル」の徳井義実さん(44)が出演しているとして、放送の是非をめぐり放送が危ぶまれていた。

このため、NHKは番組冒頭で「編集などでできるだけ配慮をして放送いたします」とするテロップだけの映像を約15秒間にわたって表示するなど、配慮を行った上での放送となった。

(出典 biz-journal.jp)


「どこをカットしたのか不思議なくらいだな...」

番組中、徳井さんは1964年東京オリンピックの女子バレーボール監督・大松博文役で複数のシーンで計約4分間出演。「鬼の大松」と呼ばれるなど厳しい練習で知られた大松監督の通り、選手に罵声を浴びせつつ指導を行う姿で登場した。


(出典 www.j-cast.com)

そして、放送終了後、ツイッター上には第41回を見た視聴者の反応が続々。徳井さんの姿が映ったことについての厳しい意見は思いの外少なく、徳井さんの姿が放送されたことを喜ぶ声が目立った。あるアカウントは、「徳井さん、がっつり出てるけど、全く不快とかないけどむしろ、監督ぴったり」と、徳井さんの出演に不快さを感じなかったとツイート。また、別のアカウントは、「徳井義実のどこをカットしたのか不思議なくらいだな...」と全く違和感を抱かなかったとしている。


(出典 i.ytimg.com)

前回視聴率は7%

多くの視聴者を納得させた第41回だったが、当該放送回をめぐっては、放送に反対する視聴者ネット上で、徳井さんのシーンを放送すべきではないとする声を上げていた一方で、「放送すればいいじゃん 視聴率上がるかもよ」と、徳井さんの一件が注目を集めているのを逆手に取って、視聴率アップを狙って放送すべしとの声も上がっていた。

前回となる第40話の視聴率は7.0%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)であることが各メディアの報道で明らかになっているが、今回の視聴率は連休明けとなる11月5日以降に発表される見込み。

J-CASTニュース編集部 坂下朋永)



(出典 livedoor.sp.blogimg.jp)

徳井義実さん(2016年撮影)

(出典 news.nicovideo.jp)


いだてん〜東京オリムピック噺〜』(いだてん とうきょうオリンピックばなし)は、2019年1月6日から放送のNHK大河ドラマ第58作。省略され、単に『いだてん』と呼ばれることもある。 日本が初めて夏季オリンピックに参加した1912年(明治45年)のストックホルムオリンピックから、幻となった東京オリン
172キロバイト (24,480 語) - 2019年11月3日 (日) 12:39

【徳井義実】
徳井 義実(とくい よしみ、1975年4月16日 - )は、日本のお笑い芸人、俳優であり、お笑いコンビ・チュートリアルのボケ、ネタ作りを担当。相方は福田充徳(ふくだ みつのり)。 京都府京都市左京区出身。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。大阪NSC13期生。身長178cm、体重65kg
★テラスハウス(2013年4月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

mixiチェック

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット