2019y08m09d_192055601

モデルプレス=2019/08/08】映画「惡の華」(9月27日公開)の完成披露試写会が8日、都内で行われ、主演の伊藤健太郎、共演の玉城ティナ飯豊まりえ、秋田汐梨、メガホンをとった井口昇監督が登壇した。

【さらに写真を見る】玉城ティナ、美脚堂々披露

2019y08m09d_192350370

伊藤健太郎玉城ティナら、役作りに工夫

原作は、別冊少年マガジン2009年から5年間に渡って連載され、「このマンガがすごい!2011」にランクイン、「マンガ大賞2012」にもノミネートされ、コミック連載中にはテレビアニメ化・2016年に舞台化を果たした。今回、原作者からの逆指名を受けた井口監督のもと、今を時めく若手俳優が集結し、従来のイメージを打ち破って思春期のトラウマと魂の再生を描く。

鬱屈とした青春と、行き場のない衝動を描いた本作で主人公・春日高男役を演じた伊藤は「すごく難しい役で、今までに経験したことのないような役だったので、いろいろ悩んだんですけど、14歳15歳の心になることがまず大事だと思ったので、まずは当時の自分と向かい合って、目線を同じにする作業から入ろうと思って、お酒をやめてみたりしました」と中学生から高校生の役を演じる上で工夫したことを明かした。
2019y08m09d_192102360

また、春日の中に自分と通ずる何かを見つけ、執拗につきまとう中村佐和役を演じた玉城は、強烈なキャラクターをどう作り上げていったのか質問されると「中村佐和というキャラクターが原作ですでに確立されていて、中村さんのファンも付いている状態だったので、まずそこを崩さないようにというか、超えていかなきゃいけないというプレッシャーはあったんですけど、独特のセリフだったり、立ち姿であったり、異質な感じをどうやって保とうかなって考えたときに、原作の漫画の独特の表情というものが私に響くものがあったので、ケータイでコマを写真に撮ってシーンの直前に見たり、待ち受けにしていたりして、中村佐和の1番近くにいられるように心がけていました」と打ち明けると、井口監督は「知らなかった」と目を丸くした。
2019y08m09d_192136402

さらに、お互い文学が好きなことをきっかけに春日と交流を深める常盤文役を演じる飯豊は、初めて映像化されたキャラクターを演じての感想を尋ねられると「やっぱりプレッシャーがありました。でも監督とは3回目だったので、絶大な信頼を持っていたので(笑)」と吐露し、「常盤さんを演じる上で、どういうお芝居にしようかなって原作を読んで考えていくんですけど、それを上回った表情を(監督が)目の前でお芝居してくれたので、すごくわかりやすく常盤さんを自分の中に取り込むことができて撮影することができました」と監督に感謝。
2019y08m09d_192124870

加えて飯豊は「このお2人(伊藤と玉城)よりも、私は穏やかに撮影していました」とコメントすると、玉城は「でも、常盤さんにも私は影を感じるけどね…」と返し、間に挟まれた伊藤は「やめてくれよ、俺を挟んでそんな…。なんで急に…」と動揺して笑いを誘った。

2019y08m09d_192157784

伊藤健太郎、撮影中に変態性開花?

伊藤と玉城は、共演したシーンで印象に残っていることを聞かれると、玉城は「私もしたことがないようなことをたくさんしたんですけど、やっぱり人生でブルマを穿かせることは二度とないんじゃないかなと思いますね。よかった、穿かせられて」と答えて会場を沸かせるつつ、「あのときの裏側は、2人で力を合わせてやっていたんですよ。『じゃあ、1・2・3で行くから腰あげて』みたいに」と裏話を告白。

同じ質問に、伊藤が「ブルマの匂いを嗅いだんですけど、あれはなかなかねえ」と渋い表情を浮かべると、飯豊は「どうでしたか?」と興味津々の様子で尋ね、玉城が「すっごい慣れてたじゃん。日常茶飯事なのかと思ってた」と伊藤をイジって笑わせると、伊藤は「バカ言ってんじゃないよ!マスコミ!」困り顔。 
2019y08m09d_192317806

続けて伊藤は「最初に台本を読ませていただいたときはどうしようかと。嗅いだことないし、どうやってやればいいんだろうって思っていたら、監督から『ブルマの繊維、分子、すべてを吸い取ってくれ』と言われて、“この人、何を言っているんだ”と最初はわからなかったんですけど、クランクインのファーストカットだったんですけど、あれをやった瞬間に、春日ってこういうことなんだってわかったので、あそこが最初のカットでよかったなって思いました」としみじみ。

当初は別のシーンを撮影予定だったが、天候の都合でどうシーンファーストカットになったそうで、井口監督は「神様がブルマを健太郎さんに最初に嗅がせたんです」とコメントすると、会場から拍手が起き、玉城も「よかったねえ」といたずらに笑った。

さらに、ブルマを穿いたり、嗅いだり、罵倒されたりする中で、変態性が開花しなかったか質問された伊藤は「撮影1ヶ月くらいあったんですけど、その期間は確かに開花しなかったわけではなかったですね」と否定せず、「変態ってこういうことなのかなってわかってしまう部分がありました。今はないですけど!」と告白。

2019y08m09d_192335644

「中村にいろいろ言われるじゃないですか。ちょっと欲しているM的な要素が、普段はないんですけど、ちょっとやられたというか」と打ち明けると、飯豊は「常盤さんとのシーンは暗かったよね。きっと中村さんおときの方がイキイキしているなあって思ってました」と回顧。

「えっ、浮気がバレたやつみたいなことになってる」と動揺する伊藤を横目に、飯豊は「(伊藤と玉城と)3人でのシーンで、なんかいつもの違うなって。好きな人に久々に会えたみたいな雰囲気があって、2人の関係性がちょっと羨ましいなって思いました」とヤキモチを焼くと、玉城は「求められちゃってた?」と伊藤を見つめ、玉城と飯豊にイジられまくった伊藤は「この立ち位置疲れちゃった…」とぼやいた。(modelpress編集部)

2019y08m09d_192147399

2019y08m09d_192238171

2019y08m09d_192257445


Not Sponsored 記事】

伊藤健太郎、玉城ティナ (C)モデルプレス

(出典 news.nicovideo.jp)

【伊藤健太郎】
伊藤健太郎(けんたろう、1997年6月30日 - )は、日本の俳優。 旧芸名は、健太郎(けんたろう)。東京都出身。aoao所属。 14歳でボン イマージュに所属。雑誌、広告を中心にモデルとして活動し、2014年、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』で本格的に役者デビュー。演技が注目され、話題を集める。2018年6月30日21歳の誕生日を迎えたことを機に芸名を本名の伊藤 健太郎名義に改名することを発表。
★テラスハウス(2016年2月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット