2019y03m27d_224205178


4月3日(水)に放送される、恒例のクイズ特番「ザ・タイムショック 平成最後の最強クイズ王決定戦SP」(夜7:00-9:48、テレビ朝日系)。

【写真を見る】ヒキで撮影すると…やはり2人ともスタイル抜群!

MCを務める中山秀征の下、2連覇を狙うカズレーザーゴールデンボンバー歌広場淳、阿部亮平ら総勢24人の出演者が“平成最後のクイズ王”の座を懸けて頭脳戦を繰り広げる。

さらに今回は、そんなクイズ強者たちに交じってAmazon プライムビデオの恋愛バラエティー番組「バチェラー・ジャパン」に出演し、注目を集める“イケメンセレブ”の久保裕丈、小柳津林太郎が参戦。

初代バチェラーの久保と2代目バチェラー・小柳津の直接対決も行われる。

テレビジョンでは、収録後の久保と小柳津を直撃。「ザ・タイムショック」出演の感想や、2人の関係について語ってもらった。

――まず、収録の感想をお聞かせください。

小柳津:初出場だったので不安はありましたが、すごく楽しかったです。

出演してみて、久保さんをはじめ、やはり出演される方々は皆さんレベルが高いなということは感じましたね。

――小柳津さんは、クイズは得意なタイプなんでしょうか?

小柳津:僕は普段IT企業で働いているので、一般教養的なクイズ分かるかなという気持ちはあるんですが、あまり得意とは言えないですね。

今回、他の解答者の方が挑戦されているとき、応援席で自分なりに問題を解いたりしていたんですけど、正答率はそこまで高くなかったです(笑)。勝ち進んでいく方は安定して正解されていくので、「やっぱり違うなぁ」と感じました。

――久保さんはいかがでしたか

久保:一言で言うと、「疲れた」という感じです(笑)

クイズ番組はこれまでも何回か出演させていただいているんですが、クイズ番組って本当にカロリーを使うんです。なので、1週間くらい前からプレッシャーを感じ始めて、すごく憂鬱(ゆううつ)な気持ちになるんですよね。

でも、やはり勝てばうれしいし、負けたら寝られなくなっちゃうくらい悔しさを感じる。それくらいクイズ番組はハマっちゃうんですよ。出演するたびに「次はこうしよう!」って毎回収録後に反省してます(笑)

――「ザ・タイムショック」は特に、あの椅子に座ったときに、緊張やプレッシャーを感じてしまうのではないかと思うのですが。

小柳津:そうですね。1個間違えてしまうと、それに気を取られて次の問題が入ってこなくなるんです。実際に出演してみて、あの場所には“魔物”がすんでるって実感しましたね。

久保:僕は、クイズというのは実力が5割で、気持ちが5割だと思っていて。気持ちが折れちゃうと、実力が全く出せずに終わってしまうんです。

その点、カズ(レーザー)さんとかを見ていると、すごく安定していて、さすがだなと思いましたね。

■ 久保「比較されがちな2人なので、余計にプレッシャーを感じた」

――今回、お二人で共演されてみての感想は?

小柳津:2人で地上波の番組に出演するというのも初めてだったので、非常に新鮮でしたね。

久保:プライベートでもすごく仲がいいので、一回戦でいきなり小柳津さんと対決するというのには抵抗がありました(笑)

バチェラー同士というのもあって、やはり何かと比較されてしまうと思うんですよ。なので今回、一回戦目が一番プレッシャーを感じました。それこそ、問題が頭に入ってこなくなる瞬間があったくらい。

――今回の収録を拝見していて、前回に比べてクイズ難易度が上がっているなと感じたのですが、その辺りはいかがですか?

久保:僕も、一回戦目からレベルの高さを感じていました。前回は結構パーフェクトを取られる方が多かったんですけど、今回は「あれ?」って、面食らっちゃいましたね。

それだけに、前回王者のカズさんや、やくみつるさん、岩永徹也さんといったトッププレーヤーの方々との差というのも痛感しました。

小柳津:皆さん、すごかったよね。

――そんなレベルの高い出演者の中で、この人がライバルだと思う方は?

小柳津:久保さんですね。別の番組収録の時でもずっと勉強されている姿を見ていたので、知性の部分では到底勝てないなと。だから今回は、野性とか人間性で勝負しようと思っていました(笑)

久保:僕もやはり、ライバルは小柳津さんってことになりますよね。いくらプライベートで仲が良くても、負けられないですから。本番中も、バチバチやらせていただきました。

おかげで、長時間の撮影ということもあって、ちょっと痩せちゃったんじゃないかっていうくらいカロリーを消費しましたね。この後、2人で軽く一杯くらいは(飲みに)行きたいと思います(笑)

――では最後に、番組を楽しみにされている方々へメッセージをお願いします。

小柳津:後半に行くにつれて、対決していた方たちがどんどん応援する側に回っていくのが、とてもすてきだなと思ったんですよね。特に最後の決勝戦では、誰が勝っても祝福しようというムードになっていたのが印象的で。

ですから視聴者の方々には、ドキドキハラハラする場面を楽しんでいただきつつ、出演者の皆さんが醸し出す、すてきな雰囲気もぜひ楽しんでもらえたらと思います。

久保:すごく壮大なドキュメンタリーを見ているような、それくらい濃厚な物語が詰まった番組になっていると思います。ぜひ最後までご覧になっていただきたいですね。(ザテレビジョン


「バチェラー・ジャパン」の“初代バチェラー”久保裕丈と“2代目バチェラー”小柳津林太郎(写真左から)

(出典 news.nicovideo.jp)


2019y03m27d_221305590


(出典 news.walkerplus.com)
2019y03m27d_224704111



(出典 www.tv-asahi.co.jp)


久保VS小柳津
これは見逃せません!!


バチェラージャパン』(The Bachelor Japan)は、Amazonプライム・ビデオにて配信されている恋愛リアリティの婚活サバイバル番組。 2017年2月17日よりシーズン1の配信がスタートし、2018年5月25日よりシーズン2の配信がスタート。 2002年に全米にて『The


もちろん岩永氏も♪


2019y03m27d_224650024



【岩永徹也】
岩永 徹也(いわなが てつや、1986年10月16日 - )は、日本の薬剤師、ファッションモデル、タレント、俳優 。レプロエンタテインメント所属。JAPAN MENSA会員。岩永兄弟のメンバー。 長崎県佐世保市出身。福岡大学薬学部卒業。慶應義塾大学大学院薬学研究科中退。
★2013年5月~『テラスハウス』に出演。愛称は「王子」。







この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット