20190209-00059782-lmaga-000-2-view

カンテレフジテレビ系ドラマ『後妻業』(毎週火曜21:00~)に、12日放送の第4話から出演する俳優の葉山奨之が9日、大阪・カンテレ本社で行われた取材会に出席した。

葉山の役どころは、木村佳乃が演じる“後妻業”の結婚詐欺師・武内小夜子の弟である黒澤博司。ドラマ後半の展開に重要な役割を果たすキーマンとなる。

刑務所から出所したばかりのチンピラ”という設定の博司を演じるにあたり、「ヤクザ映画の『仁義なき戦い』や(ミナミの帝王シリーズの)竹内力さんを見て、表情や動きで怖く見えるように試行錯誤しながら演じています」という葉山。4話の初登場シーンの表情は、竹内の迫力たっぷりのコワモテを意識したという。「竹内力さんのようにインパクトの残せる顔にしたい!と思って。でも、自分が思う竹内さんができたかどうか…(笑)」と、役作りの苦労を明かして笑わせた。

さわやかな好青年からクセのあるキャラクターまで、さまざまな役をこなす葉山だが、「悪いやつは(演技で)いろいろ遊べるのでやりがいがある」と悪役にも意欲的。昨年のフジテレビ系ドラマモンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-』で共演した高橋克典と本作でも共演しているが、「克典さんとのシーンはすごく息が合う。いいコンビだと思います!」と、再タッグの手応えを明かしていた。

また、クライマックスへと向かうドラマ後半の見どころについて、「僕が小夜子さんに何かをします。それが重要になってきますが、これ以上は言えません(笑)」と予告。大ヒットした原作や映画版には「ない終わり方をするので期待してください」とPRしていた。

画像提供:マイナビニュース

(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 tokushima.ismcdn.jp)


(出典 s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)

(出典 11kamone.com)

(出典 s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)       



(出典 amd.c.yimg.jp)

(出典 s3.ap-northeast-1.amazonaws.com)


竹内力に近づけるか!?


(出典 i.ytimg.com)

【葉山奨之】
葉山 奨之(はやま しょうの、1995年12月19日 - )は、日本の俳優。大阪府出身。トライストーン・エンタテイメント所属。身長177cm。 大阪府出身。小学2年生の時に親の仕事の関係で上京する。映画『クローズZERO』の小栗旬に憧れ、中学3年生の時にオーディションを受け[要出典]同じ事務所に入る。
★テラスハウス(2017年12月~フジテレビ、Netfilx)スタジオコメンテーター



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット