2019y02m10d_102124770

■「誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたらうれしい。誰かに元気を与えられることを願っています」(福地桃子)

【動画】心を閉ざした女子高生と、体の自由を失った青年の心の交流を描いた『あまのがわ』

映画『あまのがわ』の初日舞台挨拶が本日2月9日、東京・有楽町のスバル座にて行われ、主演の福地桃子、共演の生田智子、水野久美、住岡梨奈、渡邉幸愛(SUPER☆GiRLS)、園田あいか(校庭カメラアクトレス)、そして古新舜監督が登壇した。
本作は、母との確執により心を閉ざしてしまった
女子高生と、交通事故により体の自由を失った青年が、ロボット・OriHimeを通じて心の交流をし、成長していく姿を描いた作品。

映画初出演にして初主演を務めた福地は「皆さんに初めて観てもらうと思うとドキドキ」とついに始まった全国公開に期待と不安が入り混じった新鮮な表情。母親役の生田、祖母役の水野には「たくさん助けていただきました。劇中では親子関係が大事なので、撮影以外ではこちらが力を抜いて話せるような瞬間を作っていただいた」と感謝。

すると祖母役の水野は自らのデビュー当時を振り返り、「デビュー作というのはいちばんよく覚えているもの。だから私も初心に戻ろうと努力しています」と笑わせた。

また、和太鼓の練習場所で二十歳の誕生日を迎えたという福地は「生田さんから二十歳の誕生日をサプライズで祝ってもらい、生田さんの娘さんとおそろいのリュックプレゼントしてもらった」とうれしそう。

劇中では福地に厳しく当たる母親という役どころを演じる生田だが、「普段の私はボーッとしていますが、娘を思う気持ちや愛情は同じ。娘に対して間違った方向に行ってほしくないという思いが、厳しい接し方になってしまったんだと思う」と同じ親として役柄に共感を寄せていた。

主題歌「あまのがわ」も担当している住岡は「屋久島の撮影を終えたあとに、作品の持つテーマを織り込みながら作った思い入れのある曲」と紹介すると、古新監督は「僕が昭和歌謡が好きなので、『木綿のハンカチーフ』のような楽曲をリクエストしました。でも住岡さんはその曲をご存じないようで、そこにジェネレーションギャップを感じました」と笑いを交えて楽曲誕生秘話を明かした。

高校生役の渡邉は「私は現役高校生ではないので、久しぶりに制服を着てテンションが上がりました。お弁当を食べるシーンも『高校時代はこうだったよなぁー』と思い出しながら演じました」と“JK”再体験を喜んだ。一方、撮影時は中学3年生だった園田は「すごく寒い撮影だったけれど、スタッフさんが気遣ってくれて優しかった」と慣れない撮影現場での思い出を振り返っていた。

現場の温かい雰囲気について福地は「この映画の現場は、みんなで作ろう! という雰囲気があった。私は映画出演も主演も初めてで不安だったけれど、この現場特有の温かさがあり、スタッフさんとの距離感を含めて、コミュニケーションをとる機会が多かった」とアットホーム感を強調。

古新監督は「手作り感のある映画ですが、限られた時間の中で、いかにポジティブに向き合うかを大切にしました。現場スタッフの『いけるよ、いけるよ』という励ましの言葉に救われた」と苦楽を共にした現場スタッフに感謝を込めた。

舞台挨拶には、物語で重要な役割を担うロボット・OriHimeとともに、開発者である吉藤オリィ氏も登壇。

コミュニケーションテクノロジーによって人類の孤独を解消する」というコンセプトにもとづいて開発されたOriHimeが、医療現場や高齢者介護の現場だけにとどまらず、より多くの人の日常生活に寄り添うロボットとしての多様な可能性について言及。「OriHimeを使えば、海外に行くのが難しい祖父母をハワイ結婚式に連れていくこともできる」などと語った。

最後に福地は、昨年の『東京国際映画祭』での上映を振り返り「たくさんの海外の方々にも観ていただき、日本の素晴らしい技術や屋久島の豊かな自然を感じてもらえたと思います」と手応えを口にし、「誰かの背中を押すことのできるようなきっかけの作品になれたらうれしい。誰かに元気を与えられることを願っています」とアピール。OriHimeについても「映画同様に現実世界でもたくさんの人を助けているロボット。もっともっと広まってほしい」とさらなる認知に期待を込めた。



映画情報
『あまのがわ』
有楽町スバル座ほか全国公開中
出演:福地桃子/柳喬之、吉満寛人、マツモトクラブ住岡梨奈、西田聖志郎、渡邉幸愛、園田あいか/杉本彩、生田智子、水野久美 他
監督・脚本・原作:古新舜
主題歌:住岡梨奈「あまのがわ」(徳間ジャパンコミュニケーションズ
配給:アークエンタテインメント
(c)あまのがわフィルムパートナー

『あまのがわ』作品サイト
https://amanogawa-movie.com/
(M-ON! MUSIC NEWS
掲載:M-ON! Press

(出典 news.nicovideo.jp)

2019y02m10d_102117570


主題歌「あまのがわ」がいよいよ配信リリースとなりました。

<ストリーミング> 住岡梨奈「あまのがわ」
配信日:2019年2月6日(水) TWEB-373 ¥231+税
レコチョク> <iTunes>  他主要サイトで配信中


【古新監督より】
住岡梨奈さん演じる白鳥奏は、劇中では、さすらいの歌い手という役割で、謎めいた雰囲気を持つ人物として脚本を描きました。明るく、ポジティブな存在ですが、そこには、人には言えない過去の何かを抱えているという設定です。
今回探していたのは、演技の力と共に、歌の力でした。両方を兼ね備えた若手の歌手の方を四方八方スタッフと探したのことを鮮明に覚えております。
そんな中、昔からご縁のあるプロダクションさんとの関係で、住岡梨奈さんと出会うことができました。
最初お会いした住岡さんの印象は、とてもピュアで裏表がない、その反面、自分の強さをしっかり表現するまっすぐな人という印象でした。
二時間ばかり事務所の会議室でお話させていただき、本作の白鳥奏の設定とぴったりだと思い、すぐにオファーをさせていただきました。
現場でもその素直で明るい人柄で、現場の雰囲気を柔らかくしてくださり、主演を演じる福地桃子さんのお姉さん的な存在として、ムードメーカーとなっていただきました。
役者・住岡梨奈と向き合わせていただいた感想は、本当にこれが劇映画初出演なのかと、度肝を抜かされたのを覚えております。
そして、本作の主題歌を撮影の直後に書き下ろしていただいたのですが、繊細ながら、言葉の一つ一つに撮影で体感した人との出会いに対しての強い想いがふんだんに込められていたので、この作品にとても真摯に向き合っていただいていることを感じ、胸が熱くなったのを覚えております。
何度も私との掛け合いややりとりに向き合っていただき、完成した歌詞、そして曲は、この作品に欠かせない登場人物の一人になったと思っております。
この作品で住岡梨奈さんというアーティストと出会え、そして、作品を最後まで作り上げられたことをとても幸せに思います。
屋久島での撮影を通じて生み出された唯一無二の主題歌「あまのがわ」をぜひ、多くの皆様にお聴きいただきたき、そして愛していただけたらと思います。

【住岡梨奈さんコメント】
初めて訪れた屋久島で、初めて演技に挑戦し、感じ取った全てを主題歌「あまのがわ」に詰め込みました。
史織と星空の気持ちを自分なりに感じ取り、監督とも時間をかけて話し合い、映画に込められたメッセージを大切にしながら仕上げられたと思います。
主題歌「あまのがわ」を皆さんそれぞれの気持ちを重ねて聴いていただけたら嬉しいです。

【住岡梨奈さんプロフィール】
北海道出身。1990年生まれ。
2012年6月にシングル「feel you」でデビュー。翌年7月より、海辺のシェアハウスで共同生活を送る様子を放送する人気番組「テラスハウス」に出演。2017年8月にオリジナル曲とカバー曲からなるダブルミニアルバム「colors」をリリース。2018年6月から新しいライブ企画「Sumioka PLUS+」(スミオカプラス)をスタートさせ、9月には「Sumioka PLUS+」でのツアーを全国7ヶ所で開催。また、2019年2月9日公開の映画『あまのがわ』で主題歌と劇中歌を担当し、役者としても映画に初出演。屋久島での撮影を終えた直後に書き上げた、主題歌「あまのがわ」を2月6日に配信リリースする。
■住岡梨奈オフィシャルサイト:http://www.sumiokarina.com/
■住岡梨奈公式twitter:https://twitter.com/SumiokaRina
■住岡梨奈公式instagram:https://www.instagram.com/sumioka_rina/?hl=ja
■レーベルサイト:http://www.tkma.co.jp/jpop_top/sumiokarina.html

あまのがわ公式サイトより
https://amanogawa-movie.com/news/sumioka_amanogawa/


★りなてぃインスタより♪
 ↓ ↓
映画「あまのがわ」
舞台となっている鹿児島では昨日から先行上映されており、
今日は舞台挨拶でした。
観に来てくださった皆さま、
どうもありがとうございました。
#鹿児島
#あまのがわ
写真は
#古新舜監督
#柳喬之 さん
とともに。
#福地桃子 ちゃんからのエールで緊張も和らぎ、
映画のことを私なりに皆さんに伝えられたと思います😊🐢
みんな、ほんとうに、やさしい。
全国上映は2月9日です。
札幌でも上映されるとのことなので、地元の方、よかったら観て、聴いて、
色んなことを感じてください。
心が動きますように!

衣装のブラウスは #mintdesigns です。
袖がリボンになっているのです!
ピアスは #mellowfukushima さん!
😌😌😌 と、、、いつもより長く書いてしまったけど、
最後まで読んでくれてありがとうございます😊
2019y02m10d_103742730

2019y02m10d_103740434

2019y02m10d_103622953


映画「あまのがわ」
本日から全国上映🎞
初日ということで、
舞台挨拶に行ってまいりました。

私の画像だとわかりづらいかもしれないのですが…
ゴールドの部分、
チョウとハチとクワガタがいます。
衣装は
#mintdesigns 🌿
ヘアメイクは、いつもお世話になっているうっちーさん
@ucnmyk でした☺️
全国に思いが届きますように。
🙌🌐

#あまのがわ
2019y02m10d_103417746

2019y02m10d_103421257


りなてぃ映画初主演
おめでとう♪♪


【住岡梨奈】
住岡 梨奈(すみおか りな、1990年2月15日 - )は、日本の女性シンガーソングライター。北海道登別市出身。所属芸能事務所はソニー・ミュージックアーティスツ、所属レコードレーベルはキューンミュージック。 北海道登別市出身。小学校1年生まで登別市で過ごした後、札幌市へ引っ越す。
16キロバイト (1,248 語) - 2016年12月15日 (木) 08:19
★テラスハウス(フジテレビ、2013年7月12日 - 2014年1月27日)出演




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット