2019y02m07d_212747193


 不思議なことに、日本の芸能界の第一線には常に“ギャルタレント”が一人か二人いるものだ。

 今、最も旬なのは、
2017年アメリカ発の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン シーズン1』だけでなく、アメリカの本家『バチェラー・ウィンターゲームス』にも呼ばれ、海外からも熱視線を浴びている“ゆきぽよ”ではないだろうか。

 2012年、高校在学時にギャルファッション誌『egg』でモデルデビューし、『vine』での動画配信が6000万回再生突破と話題になったゆきぽよ。その後、2017年に『バチェラー・ジャパン』、2018年アメリカ版『バチェラー・ウィンターゲームス』に日本人として唯一参加したという経歴の持ち主だ。

 日米の『バチェラー』で大きな爪痕を残した彼女は、
バラエティ番組で引っ張りだこに。今年の目標は「1年でテレビ300本以上出る」ことだそうで、野心も充分である。

 そこで今回は、
ゆきぽよ以前にはどんなギャルタレントたちが世間を賑わせてきたか、その系譜を辿ってみよう。

小森純:現在のギャルタレブームの“はしり”となった存在

 まずは17歳ギャルファッション誌『Popteen』の読者モデルとしてデビューし、ギャル界のカリスマへと上り詰めた“純ポ”こと小森純だ。そのファッション性や恋愛観は多くの女子たちの支持を集め、2009年にはつけまつげプロデュースするなど、その影響力は絶大。2010 FIFAワールドカップでは、グループリーグにおける日本代表スコアを3試合全て的中させるという、変わった能力を発揮したこともあった。

 2011年には『men’s egg』のモデルだった今井諒と結婚するも、その翌年にブログが炎上し、しばらく芸能活動を自粛。現在は2児の母で、神奈川にネイルサロンオープンしたりアクセサリーブランドを手がけたりと、また違った方面で活躍している。

益若つばさ:多大な経済効果を生んだ“100億円ギャル

 次は小森と同年齢の益若つばさ。彼女も17歳の頃から『Popteen』の読者モデルを務めていた。小麦色の肌が印象的だった益若は、高校卒業後は日焼けサロンに勤務していたそうで、Instagramでは「お父さんには日焼けは止められていたけど、私は真っ黒GALになりたかったのだ」と当時のことを振り返っている。彼女の着用アイテムプロデュース商品はバカ売れし、“100億円ギャル”なんて形容されたことも。

 今年1月23日にはこれまたInstagramで、ド派手な金髪時代と現在の写真とを比較しており、最近はガーリーな雰囲気は残しつつも大人びたスタイルに変わってきているようだ。埼玉出身という縁で、2月22日公開予定の映画『翔んで埼玉』にも出演する彼女は、どんな演技を披露するのだろうか。



鈴木奈々:他のギャルとも一線を画すおバカキャラは超一級品

 続いては、かつて益若の追っかけをしており、高校3年生のときに彼女の握手会会場で『Popteen』にスカウトされた過去を持つ鈴木奈々だ。高校では自ら“ギャル同好会”なるものを立ち上げていたそうで、まさに筋金入りである。“おバカキャラ”として人気に火がついてからは、年間300本以上のテレビ番組に呼ばれたことも。

 ちなみにギャルといえば東京の渋谷や原宿のイメージが強いだろうが、鈴木は出身地の茨城に暮らしている。2014年に入籍した一般男性も、地元の中学の同級生だそうだ。とはいえ活動拠点はやはり東京で、今年1月にはInstagramで小森のネイルサロンに行ったことを報告するなど、三十路になった今でもギャル仲間たちとの交流は続いている模様。

今井華:「バイブス」という“ギャル語”を流行らせた本人

 ギャルファッション誌『egg』から現れた今井華も忘れてはならない。2013年に出演したバラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で彼女が発した「バイブス」というワードは一大ブームとなり、同年のギャル流行語大賞で堂々の1位に輝いた(なお、昨年の1位は「いい波のってんね~」である)。

 
2014年には恋愛リアリティ番組『テラスハウス』(フジテレビ系)にも登場して知名度を高めた。その後はテレビでその顔を見る機会が減ったが、アパレルなどのプロデュースに勤しんでいる。一方、2014年に休刊していた『egg』が今年5月に復刊すると決まった際には、自身のTwitterで「私が心から愛したカルチャー」「そこには胸が熱くなる程のたくさんの夢や愛が存在する」などとコメントしており、ギャル文化への愛は健在のようだ。



藤田ニコルギャルとして日本の“イマドキ”を体現!

 今やギャルタレントイメージは薄いかもしれないが、藤田ニコルを取り上げよう。もともとは栗山千明新垣結衣といった清純派女優を次々と送り出したファッション誌『nicola』の専属モデル“ニコモ”であり、髪も黒かった。しかし、次第にギャルへと目覚め、編集部からはカラーコンタクトの着用を認められるように。ニコモのなかで異彩を放っていた彼女は、2014年に『Popteen』へと移籍した。

 2015年には、『めざましテレビ』内のトレンド情報コーナーでレポーターを担当する“イマドキガール”に抜擢。この年のYahoo!検索大賞のモデル部門にも名を連ねるほど、注目の的となった。昨年はアニメポケットモンスター サン&ムーン』(テレビ東京系)で声優にも初挑戦しており、まだ若干20際の彼女は今後、より一層の躍進が期待されるだろう。

池田美優:「みちょぱ」の元カレ話は凄まじいインパクト

 現時点でバラエティ番組のギャル枠で一番呼ばれているのが、池田美優ことみちょぱだろう。2013年中学生時代に『Popteen』の姉妹誌で誌面デビューを果たし、2014年には『Popteen』本誌のモデルに。2015年頃には藤田ニコル、オクヒラテツコ、吉木千沙都らとともに「カリスマモデル四天王」と称されることもあった。

 そんな彼女の鉄板ネタと言えば、中学3年の頃に交際していたカレシが、少年院送りとなったというエピソード。みちょぱいわく、「オレ、今から捕まるわ。1年は出てこれないから」とみちょぱに告げたという話の衝撃度は、相当なものである。

 現在の現役ギャルモデル枠は、みちょぱと冒頭のゆきぽよガッツリ押さえていると言えるだろう。

 ――冒頭で触れた
ゆきぽよは、自身のInstagramプロフィール欄に「一生GAL宣言」と、頼もしいフレーズを明記している。ゆきぽよや、彼女に憧れている新時代のギャルたちが、平成の次の時代でもバラエティ界を明るく盛り上げてくれそうだ。<文/A4studio

画像は、益若つばさのインスタグラムより

(出典 news.nicovideo.jp)



(出典 eiga.k-img.com)


(出典 pbs.twimg.com)


(出典 news.walkerplus.com)

2019y02m07d_212531201



(出典 pbs.twimg.com)

(出典 dreaming-baby.com)

【今井華】
今井 華(いまい はな、1992年11月12日 - )は、日本の女性ファッションモデル、タレント。埼玉県出身。A-Light所属。
MARKSTYLERが展開しているファッションブランドFLOVE(フローヴ)のプロデューサーとして活動中。
★2013年1月~テラスハウス出演。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで「terracehouse_lovelog」をフォローしよう!

こちらもおすすめ!

人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    記事の評価
    • リセット
    • リセット